飯塚病院 歯科口腔外科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

歯科口腔外科 > ご利用の皆様へ > 特徴的な取り組み > 周術期の口腔ケア

特徴的な取り組み

周術期の口腔ケア

 周術期の口腔ケアとは、がん・臓器移植・心臓血管外科などの手術や、放射線治療や化学療法などが円滑に行えるように、口腔内の環境を整備することを言います。多くの研究で、口腔環境を改善することにより、周術期の合併症が減少することが報告されています。

治療の流れ

 まず、手術を担当する診療科からの依頼を受け、患者さんの口腔内をチェックします。歯周病や虫歯、抜歯などの治療が必要な場合は、手術の前に口の中の治療を行います。
 手術の前日に『プラークフリー法』という方法で口腔内の汚れを取り除きます。
 手術翌日には病室へ往診し、口の中のお掃除をさせてもらいます。
 入院期間中は定期的に掃除を行い、退院後に治療が必要な場合は、かかりつけの歯医者さんにお手紙を書き、現在の体と口の中の状態を報告します。

このページの一番上へ