飯塚病院 歯科口腔外科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

歯科口腔外科 > ご利用の皆様へ > 主な病気・治療

主な病気・治療

診療科の特徴

当科は、筑豊地区の基幹病院における「歯科口腔外科」の特色を生かすために、入院や手術を中心とした口腔外科診療を行っています。健康な方の虫歯治療や義歯作製はお近くの歯科医院にて受けていただきますようお願いしています。

  1. 顔面外傷
    交通外傷などによる顔面外傷(上・下顎骨骨折など)に対して、形成外科など関連科と協力しながらチタンプレートによる整復を行っています。
  2. 口腔腫瘍
    口腔の良性・悪性腫瘍の治療を行っています。口は咀嚼、嚥下、発音など重要な機能を持つため、口腔がんの治療に際しては術後の機能障害を減少させるよう努力しています。
  3. 人工歯根(デンタルインプラント)
  4. 人工歯根(デンタルインプラント)
    歯を失った部分にチタン製人工歯根を埋め込み、咬合を回復する治療法です。骨の厚みや高さが足りない場合は、自家骨や人工骨を移植します。
    当科のインプラント治療は非常に高い成功率が得られており、治療を受けた患者さんからは「何でも噛めるようになった!」と好評をいただくこともあります。
  5. 口腔粘膜疾患
    難治性口内炎、扁平苔癬、前癌病変である白板症など多彩な口腔粘膜疾患の治療を行っています。
  6. ドライマウス(口腔乾燥症)
    シェーグレン症候群の疑いがある患者さんの生検や、確定診断後のセビメリンやピロカルピンの投薬を行っています。ドライマウスがあると虫歯や歯周病が重症化しやすいため継続的なケアが必要になります。
  7. 有病者の歯科治療
    一般の開業歯科医院では対応が困難な、全身疾患を持った方の歯科治療を行っています(出血が止まりにくい薬を内服中の方の抜歯など)。
  8. がん周術期の口腔ケア
    がんの手術や化学療法、放射線治療などを受ける場合、口腔内が不潔だと感染したり口内炎がひどくなり食事が摂れないなどの問題が起きやすくなります。しかし、口腔内を徹底的にきれいにすることで、これらの症状を軽減できることが知られています。呼吸器外科、外科、心臓血管外科などの手術前後に歯科衛生士による専門的口腔清掃を積極的に行っています。

このページの一番上へ