飯塚病院 歯科口腔外科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

歯科口腔外科 > 当科について > 診療科について

診療科について

診療科について

 当科は、筑豊地区の基幹病院における歯科口腔外科として、病院ならではの診療に重点を置いて日々の診療にあたっています。すなわち、顎骨骨折、口腔腫瘍など手術を要する疾患、CTやMRI、病理検査など特殊な検査を要する場合や、進行した炎症など入院での抗菌薬点滴や切開手術が必要なものなどです。虫歯や義歯作成など一般の歯科治療は行っていませんが、治療への恐怖心が強かったり、精神遅滞などで治療への協力が得られないなどの場合は、全身麻酔下にて歯科治療を行っています。

 筑豊地区は高齢化が進んでおり、高血圧症、糖尿病などさまざまな全身疾患を持っている方が多いため、抜歯を行う場合でも全身への配慮を行いながら実施する必要があります。また、高齢者は口腔内細菌で汚染された唾液を気管に飲み込むことで誤嚥性肺炎を起こすことが多いため、口腔内を清潔に保つ必要があります。

 同様に、各種のがん治療に際しても口腔内が汚れていると感染や口内炎、肺炎などを起こしやすく、治療がうまく進まないことがあります。

 当科では、がん治療を受ける方や、誤嚥性肺炎で入院している方の口腔内を清潔に保つべく、歯科衛生士による専門的口腔ケアを多く行っています。他科入院中の患者さんの病室を訪れて口腔ケアを行うことも最近増えています。

 口腔内が清潔であることが一見関係無さそうな他科での治療の手助けになることを、患者さんはもちろん医療や介護に従事する方々にも(医師、看護師だけでなくさまざまな職種に)もっと知ってほしいと考えています。NST(栄養サポートチーム)やRST(呼吸療法サポートチーム)などの他職種による病棟回診に当科の歯科医師、歯科衛生士も参加しており、口腔への関心を院内で高めていく手助けになっていると考えています。

 患者さんにはブラッシング指導や歯石除去などを通じて口腔管理の大切さを口をすっぱくして伝えていますが、病院で一時的に口腔清掃を行うよりも、かかりつけ歯科医院での継続した管理を受けてもらう方が効率的ですので、当科での治療終了後は開業歯科医院に口腔管理を依頼しています。病院歯科口腔外科と、かかりつけ歯科医院との連携を密に取っていくことが大切です。

このページの一番上へ