TOP > 特長的な取り組み > 働きやすい職場環境 > わたしのワーク・ライフ・バランス

わたしのワーク・ライフ・バランス

「子育てを応援してくれる充実した制度~仕事も子育てもしっかりと」

- 子どもの成長を楽しみながら、仕事ができる喜びを感じています -

麻酔科 小西 彩

飯塚病院 麻酔科に勤務されている小西彩先生に、仕事と育児の両立についてお話しを伺いました。

 いきいきと働けるのは、かけがえのない二人の子供がいるからだと思います。
 一人目の子育てのときは、大阪の病院に勤務していました。そこで3人のお子さんをもつ、女性の先生に出会い、とても感化されました。仕事と子育てのバランスについていろいろと教えていただきました。当時私は、まだ専門医になっていない状態で妊娠しましたので、臨床経験が足りないと感じ、仕事と育児どちらも頑張っていました。しかし、仕事で時間制約があり、満足に働けない事に悩み、子供にも影響を与えてしまいました。これはまずいと思い、母のサポートを借りようと実家に戻り、飯塚病院に就職しました。
 現在は、当直を含むフルタイムで勤務しています。職場スタッフは育児に理解があり、優遇されているのですが、母のサポートもあって、仕事に対する満足度は上がりました。飯塚病院で働きだして、やっと肩の力を抜いて、仕事と家庭の両立ができるようになりました。
 勤務を終えて、院内託児所『びーとる』に迎えに行き、満面の笑顔で二人の子供が駆け寄って来てくれるので、仕事の疲れも吹き飛びます。この瞬間から、母モードに切り替わります。託児所『びーとる』は、とても有難いです。いつも同じ場所で、預けられるというのはすごく安心感があります。託児所が敷地内にあるということは、利点です。すぐに迎えに行かなければいけない状況にあっても、交替の人をお願いする時間がぎりぎりまであります。遠ければ、そうはいきません。また、どうしても都合のつかない時は、夜間の延長保育も対応してもらえるので助かっています。
 子供には、多少無理を強いているのでしょうが、多忙な夫と二人で育児をしていたときのようなストレスはないようです。これも、職場スタッフの理解と実家のサポートのおかげだと実感しています。

『仕事』も『家庭』もどちらも選んでよかった!

 仕事と、家庭どちらか一方だけというのは私の中ではありませんでした。仕事だけしていると行き詰ることもあるけれど、子供と遊んでいると、面倒をみているようで、実際は自分も意外と楽しんでいます。それが自分の気分転換になっていてまた新たな気持ちで仕事に取り組めます。逆の場合も多々あります。子供の成長をみるのが今の楽しみです。病院の制度も、頑張ればその分病院は認めてくれます。両立しながら仕事が続けられるステップが用意されていますから、自分自身にあったキャリアデザインを描くことができます。

 「両立は大変だけど、離職して復職するときには3倍以上の努力が必要よ。続けていけるように頑張りなさい。」と大阪の先生にアドバイスを頂きました。つらい時期は、長い人生の中でほんの一時なので、それを乗り越えればという気持ちで頑張っています。
 これから、結婚、出産、育児をされる先生方へ、私がアドバイスを頂いたことを伝えていき、働きやすい環境が作れたらと思います。

家族で徳島に行き、芋掘りをしました!

「わたしのワークライフバランスの実現に向けて」

画像診療科 落合 紀子

 非常勤医師として自宅で遠隔読影を始めて、一年半以上がたちました。子供の病気や学校行事、両親の通院などに十分対応でき、精神的に余裕を持って生活できるようになりました。中でも、小中学生となって世界が広がってきた子供たちと対話する時間が持てることが一番の収穫だと思っています。
 その一方で、仕事ではモチベーションを保つことが課題となります。今回、この原稿がワークライフバランスを改めて考える機会となり、仕事を自分のやりがいとしてしっかりと再認識することができました。ワークライフバランスを取るために勤務形態を柔軟にすることは、利用する人の自覚と計画性なしには成り立ちません。限られた時間の中で仕事と私生活を両立するために、効率化を意識し、自律することが、院内に通勤していた頃よりも更に必要だと痛感しました。たいへん有用なこの制度を、もっと多くの人が利用できるようにするためにも、私なりの納得できるワークライフバランスの実現に向けて、工夫と努力を重ねていきたいと思います。
 最後に、自宅読影の機会を下さいました、田中院長、村上副院長に感謝致します。

落合 紀子先生

「仕事と家庭どちらも大事に!」

小児科 坂口 万里江

医師として、二人のお子さんのお母さんとして飯塚病院 小児科に勤務されています坂口 万里江先生に「仕事と家庭の両立のポイント」についてお話を伺いました。

 現在、飯塚病院小児科に週5日勤務し、外来診療をしています。 結婚当初は、外来、病棟、当直とフルで勤務していました。出産後は退職しなければいけないと思っていましたが、医師にも産休・育休制度があることを教えていただき利用しました。
坂口 万里江先生 部長や職場の先生方の理解で、勤務体制を考慮いただきながら、退職せずにここまでくることができました。もちろん、夫と近くに住む義母にも多大な協力をもらえたからこそだと思っています。
 そして、何よりありがたかったのが、院内託児所「びーとる」です。上の子の時に、「びーとる」を利用させていただき、院内の敷地内にあるため、送迎に便利でした。
 仕事と育児の両立は簡単ではありません。ですが、時間短縮勤務の実施や、24時間体制の院内託児所の設置など今まで以上に女性医師が働きやすい環境が作られています。
 「社会に必要とされている」「社会の役に立っている」と思えるとき、医師として働く、自分の存在を確認することができます。 仕事と家庭の気持ちの切り替えを大事にし、今後も医師として、仕事も家庭も両立していくつもりです。