TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて入院加療を受けた小児市中肺炎症例(免疫不全症例を除く)患者さん及びそのご家族へ

患者さんへのお知らせ

当院にて入院加療を受けた小児市中肺炎症例(免疫不全症例を除く)患者さん及びそのご家族へ

 当研究に該当する方で、参加することを希望されない場合や疑問点などがありましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡ください。

【研究タイトル】

 「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011」における小児市中肺炎の重症度判定および原因菌不明時抗菌薬療法の妥当性の検討

【研究背景・目的】

 主施設が久留米大学小児科学講座の多施設共同研究である。国内外で小児肺炎の重症度分類のコンセンサスはない。そのため、「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011」では、これまでの報告や成人領域の重症度分類をもとに小児市中肺炎の重症度判定の案が作成されている。さらに、これをもとにした原因微生物不明時の初期抗菌薬療法が示されている。 現在用いられている小児肺炎の重症度分類案を見直し、今後の新たな重症度分類案作成および原因菌不明時の抗菌薬療法の再検討に役立てることを目的とする。

【研究期間】

 この研究期間はH27年5月開催の倫理委員会承認日~H32年3月31日までです。

【研究対象】

 入院加療を受けた小児市中肺炎症例(免疫不全症例を除く)

【研究方法】

 診療録をもとに患者背景、ガイドラインに示されている重症度判定、入院時に用いた抗菌薬と治療効果について後方視的に検討を行う。

【研究対象となる患者さんへの利益・不利益】

 過去のデータを利用しますので、直接患者さんの利益・不利益となることはありません。

【利益相反について】

 利益相反はありません。研究費用が発生した場合は研究者にて負担します。

【個人情報の取扱い】

 研究の際の個人情報の取り扱いは、研究責任者により厳重に管理され、外部への提出・発表の際には患者さん個人を特定する情報は含まないようにして行います。
研究の対象となることを望まない旨の申し出があった場合には、ただちに研究対象から除外します。

【研究組織】

  • 研究責任者:飯塚病院 小児科 部長 岩元 二郎
  • 研究分担者:八戸 由佳子

【問い合わせ先】

〒820-8505 福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 小児科 部長 岩元 二郎
TEL:0948-22-3800(代表)