TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて平成15年1月1日~平成26年12月31日までに、脳出血と診断され入院した患者さんへ

患者さんへのお知らせ

当院にて平成15年1月1日~平成26年12月31日までに、脳出血と診断され入院した患者さんへ

 当研究に該当する方で、診療録の情報を利用することについて希望されない場合や疑問点などがありましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡ください。

【研究タイトル】

 脳出血患者の予後と既往症の相関の検討

【研究背景・目的】

 急性期治療を行った脳出血患者群の過去のデータから、発症前の内服薬などの治療内容が、発症後の予後と相関するか検討する。

【研究解析期間】

 この研究の解析期間は平成27年3月~平成28年3月まで

【研究対象】

  • 目標対象者数:対象者となり得る全患者さん(約2400人(年間に約200名と推定し12年間の合計))
  • 調査対象期間:平成15年1月1日~平成26年12月31日
  • 対象者:脳出血と診断され急性期治療を行った患者
  • (2003年(平成15年)1月1日から、2014年(平成26年)12月31日までに脳出血の診断で入院治療を開始した患者)
  • 取得情報:既往歴、薬物治療の内容(特に高血圧症に対するもの及び抗血栓療法を中心に行う)
  •  脳出血の原因疾患、発症時年齢、脳出血の治療内容、当院退院時の状態

【研究方法】

・既存の情報を用いた観察研究
  既往歴(特に高血圧症や抗血栓療法が行っておれば、その内容ならびに治療効果)、 脳出血の原因疾患、発症時年齢、
 脳出血の治療内容ならびに当院退院時の状態を調査し、それぞれの関連性を解析します。
 解析したデータは、学会などで発表を行います。

【研究対象となる患者さんへの利益・不利益】

 診療録にある過去の記録のみを用いるため、研究による利益および不利益、危険性、健康被害の発生はありません。

【利益相反について】

 私たちはこの研究によって特許や、企業からの寄付など経済的利益を得ることはありません。

【個人情報の取扱い】

 カルテの情報やデータの管理はコード番号等で行い,あなたの氏名など個人情報が外部に漏れることがないよう留意します。また、プライバシー保護についても細心の注意を払います。

【研究組織】

  • 研究責任者:
  • 脳神経外科 部長 名取 良弘
  • 研究分担者:
  • 脳神経外科 診療部長  今本 尚之
  • 脳神経外科 診療部長  村上 信哉
  • 脳神経外科 医師     船越 勇介
  • 救急部    医長     山田 哲久

【問い合わせ先】

〒820-8505
福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 脳神経外科 部長 名取 良弘
TEL:0948-22-3800(代表)