TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて平成27年1月1日~平成27年12月31日までに、50g糖経口負荷試験による妊娠糖尿病のスクリーニングを行った方へ

患者さんへのお知らせ

当院にて平成27年1月1日~平成27年12月31日までに、
50g糖経口負荷試験による妊娠糖尿病のスクリーニングを行った方へ

 当研究に該当する方で、参加することを希望されない場合や疑問点などがありましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡ください。

【研究タイトル】

 50g糖経口負荷試験を利用した妊娠糖尿病のスクリーニングに関する研究

【研究背景・目的】

 当院の妊娠糖尿病スクリーニング(一次検査)の検査判定基準(130mg/dl以上)が一般的な基準(140mg/dl以上)に比べ、妊娠糖尿病を的確に診断しているかをより詳しく確かめることができると考えています。

【研究期間】

 この研究期間は平成27年1月1日~平成27年12月31日までです。

【研究対象】

  • 目標対象者数 : 300人(130mg/dl以上140mg/dl未満150人 140mg/dl以上150人)
  • 対象期間:平成27年1月1日~平成27年12月31日
  • 対象者:当院産婦人科で妊娠糖尿病スクリーニング(一次検査)の50gGCTの結果が130mg/dl以上であった症例
  • 取得情報:50gGCT検査(空腹時血糖値・1時間血糖値・2時間血糖値)
  •        75gOGTT検査(空腹時血糖値・1時間血糖値・2時間血糖値)
  •        年齢、HbA1c(JDS)、随時血糖値、糖尿病網膜症の有無、妊娠・分娩既往回数、病理組織検査結果
  •        母体および出産児の臨床的予後、妊娠・出産・出産後の治療内容

【研究方法】

 妊娠糖尿病スクリーニング検査(一次検査)の結果が陰性(50g糖経口負荷試験130mg/dl未満)であった方に、文書による同意を得た後、75g糖経口負荷試験(妊娠糖尿病確定試験)を行い、スクリーニング陰性者の中に妊娠糖尿病の方がいるかを調べ、当院の判定基準(50g糖経口負荷試験130mg/dl未満)が的確であるかを見ます。的確かどうかは、スクリーニング陰性者の中にどれだけ妊娠糖尿病を検出したかの率(検出率)を計算して検討します。この告知による対象者(上記【研究対象】)の方については、その比較対照のデータを得るために診療録の記録を利用させて頂くものです。

【研究対象となる患者さんへの利益・不利益】

 この告知の対象者(上記【研究対象】)の方については、診療録のみを用いるため、研究による利益および不利益、危険性、健康被害の発生はありません。また通常診療以外にかかる費用はありません。

【利益相反について】

 私たちはこの研究によって特許や、企業からの寄付など経済的利益を得ることはありません。

【個人情報の取扱いについて】

 カルテの情報やデータの管理はコード番号等で行い,あなたの氏名など個人情報が外部に漏れることがないよう留意します。また、プライバシー保護についても細心の注意を払います。
 個人情報管理責任者は産婦人科 診療部長 深見 達弥です。

【研究組織】

  • 研究責任者:飯塚病院 副院長・産婦人科部長・総合周産期母子医療センター長 江口 冬樹
  • 共同研究者:飯塚病院 産婦人科診療部長 深見 達弥
  •         飯塚病院 内分泌・糖尿病内科部長 佐藤 直市
  •         飯塚病院 総合周産期母子医療センター産科部門管理部長・産婦人科診療部長 後藤 麻木
  •         飯塚病院 産婦人科診療部長 辻岡 寛
  •         飯塚病院 産婦人科診療部長 松岡 良衛
  •         飯塚病院 産婦人科医長 松岡 智史
  •         飯塚病院 産婦人科医長代行 中村 寿美得
  •         飯塚病院 産婦人科医師 山本 広子
  •         飯塚病院 産婦人科医師 森 博士
  •         飯塚病院 北6階病棟(産科)師長 久保 佳子

【問い合わせ先】

〒820-8505
福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 産婦人科 診療部長 深見 達弥
TEL:0948-22-3800(代表)