TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて平成20年4月1日~平成25年3月31日までに、髄液検査を施行された方へ

患者さんへのお知らせ

当院にて平成20年4月1日~平成25年3月31日までに、髄液検査を施行された方へ

 当研究に該当する方で、参加することを希望されない場合や疑問点などがありましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡ください。

【研究タイトル】

 髄膜炎の予後改善に向けた検討

【研究背景・目的】

 髄膜炎は、持続する頭痛を主な症状として発熱や項部硬直などの症状から、脳や脊髄の表面を覆っている髄液を検査して診断されています。日常の細菌検査にて、細菌の発育が認められたものに関しては、細菌の同定や抗菌薬感受性検査を行いますが、細菌が発育しない症例ではほとんどの症例で培養以外の検査を行っていません。そこで、当院、相澤病院、浦添総合病院の3施設共同で、髄液検査、血液検査、ウイルス遺伝子検査結果、起炎菌年次推移などの調査をする予定です。今後、髄膜炎予後改善に向けて検査室としてどうしていくべきかを検討したいと考えています。

【研究期間】

 この研究期間は平成26年8月1日~平成26年8月31日までです。

【研究対象】

  • 対象者(数): 髄液検査を施行し、髄膜炎、髄膜炎疑いと診断された方(176名)
  • 対象期間  : 平成20年4月1日から平成25年3月31日まで
  • 取得情報  : 年齢、性別、髄液検査・培養検査結果、血液検査結果、抗原検査結果、ウイルス遺伝子検査結果

【研究対象となる患者さんへの利益・不利益】

 本研究の結果によって利益・不利益はありません。
 この研究は今後の医学の発展につながり、髄膜炎診断において髄液検査のより正確な培養検査法の確立へとつながると考えられます。

【利益相反について】

 特定の企業や団体との利益相反はありません。
 また当院の倫理委員会の承認を受けて実施するものです。

【個人情報の取扱い】

 個人情報については連結可能匿名化をいたします。必要な場合に個人を特定できるよう、被験者と新たに付された符号または番号表を残す方法をとりますが、個人情報を病院外に持ち出すことはありません。またこの被験者と新たに付された符号または番号表は、個人情報管理責任者として中央検査部技師長である桑岡 勲が管理します。
 研究結果は学会発表や国内外の雑誌などに使用されることがありますが、患者さんの個人を識別する情報は一切公開されません。個人情報は厳重に守ります。

【研究組織】

  • 研究責任者 : 飯塚病院 中央検査部 古野 貴未
  • 研究分担者 : 飯塚病院 中央検査部 桑岡 勲
  •          飯塚病院 中央検査部 秋永 理恵
  •          飯塚病院 中央検査部 廣門 順子
  • 共同研究施設 : 相澤病院 臨床検査センター 村山 未来
  •            浦添総合病院 臨床検査部 下地 法明

【問い合わせ先】

〒820-8505 福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 中央検査部 細菌検査室
古野 貴未
TEL:0948-22-3800(内線:2516)