TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて胃癌肝転移のための肝転移切除された方へ

患者さんへのお知らせ

当院にて平成12年1月1日~平成22年3月31日までに胃癌肝転移のための肝転移切除された方へ

消化管癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の成績に関する
多施設共同研究に関するお願い

 消化管癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の有用性を評価するため、このたび飯塚病院消化器内科・九州大学大学院医学研究院病態制御内科・国立病院機構九州医療センター・北九州市立医療センター・福岡県済生会福岡総合病院・原三信病院では、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を受けられた患者さんを対象とした研究を共同で行う事となりました。

 調査の対象となるのは、平成13年4月1日から平成24年3月31日までに飯塚病院消化器内科で消化管癌に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を受けられた患者さんです。調査の対象とする項目は臨床情報(年齢・性別など)、治療に関わる情報(治療期間・合併症の有無など)、切除標本の病理組織情報(組織型・深達度・脈管侵襲の有無など)のデータです。これらの情報を分析・保存する上で、すべての患者さんは匿名化され、氏名や住所などの個人情報は一切公表されることはございません。また、研究期間中は患者さんの健康状態の確認を行う。

 収集したデータは九州大学大学院医学研究院病態制御内科にて分析されますが、研究期間中、患者さんの個人情報は厳重に守られるようデータを取り扱います。この研究期間は、倫理委員会承認後から平成29年3月31日までです。

 今回の研究で得られた結果は、学会や雑誌などで報告されることがあります。

 本研究の対象となる患者さんの中で、調査に同意されない方はお申し出ください。また、本研究に関してご質問などございましたら、下記までご連絡下さい。

【連絡先】

〒820-8505 福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 消化器内科 研究代表者/赤星 和也
TEL:0948-22-3800(代表)/FAX:0948-29-5744

平成24年12月 飯塚病院