TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院は、NCDの外科手術・治療データベース事業に参加しています

患者さんへのお知らせ

当院はNCDの外科手術・治療データベース事業に参加しています

 この度、国内の外科系学会が連携し、「一般社団法人National Clinical Database(以下NCD)」が設立され、2011年1月1日より日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化する事業が行われることになりました。この事業は医療の現状を把握し、より安全で質の高い医療を提供することを目的としています。
 飯塚病院でもNCDの事業に参加し、症例の登録を行うことになりました。対象は当院外科・呼吸器外科・小児外科・心臓血管外科で実施される全ての手術症例です。
 患者さん個人のプライバシーに関しても厳重な管理を行います。登録情報は匿名化され、患者さんにはこの登録によって不利益が生じることはありません。何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。なお、資料をご覧の上で、データの提供を希望されない場合は、担当医にお申し出ください。
 登録開始に際して、患者さんに公告することが義務付けられていますのでお知らせいたします。
 その他、NCDに関するご質問がある場合は、いつでも受診科の担当医にお申し出ください。

 この事業に関しては、一般社団法人National Clinical Database(NCD)のホームページに事業の詳細や、倫理的配慮についての内容が掲載されていますので、ご参照ください。

一般社団法人National Clinical Databaseホームページ
http://www.ncd.or.jp/
患者さん向け資料
http://www.ncd.or.jp/about/pdf/article_1_2.pdf

平成23年1月1日
平成26年6月27日一部改訂
飯塚病院 院長 増本 陽秀