TOP > 受診案内 > がんに関する情報・相談 > 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

 「緩和ケア」とは、痛みや苦しみを和らげることを優先して行う医療です。からだの苦痛や心の苦悩などを軽くすることが主な目的です。患者さんやその家族の希望や価値観に配慮して、穏やかな日常が送れるようにします。(※1)

 飯塚病院では、緩和ケア科の医師を中心に多職種スタッフで構成された「緩和ケアチーム」(※2)が、がんに伴う苦痛(身体的、精神的、社会的、スピリチュアル)に対して、様々な角度からアプローチすることにより、その軽減を図っています。

緩和ケアチーム

 緩和ケアチームは、コントロール困難な苦痛に悩む院内のがん患者さんに対して、主治医からの依頼をスタートとして診療します。担当者がアプローチを開始し、週に1回、チームメンバー全員でカンファレンスと回診を行います。そこで問題点の検討と方針の確認を行いながら、よりよいサポートを行うよう努力しています。

 がんの進行状況にかかわらず、患者さんそれぞれに最適な緩和ケア(医療)を提供したいと考えています。

 外来では毎週金曜日に、総合診療科および緩和ケア科の医師が、当院の医師を主治医とする患者さんの、疼痛(痛み)などの苦痛軽減を行う形で診療しています。

 なお、緩和ケア科、緩和ケアチームの取り組みなどについては、「診療科のご紹介:緩和ケア科」のページをご参照ください。

(※1) 出展:国立国語研究所「『病院の言葉』を分かりやすくする提案」より
(※2) 飯塚病院の緩和ケアチームは、医師(緩和ケア科、総合診療科、漢方診療科、精神神経科、リハビリテーション科、心療内科)、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士、社会福祉士という多職種のメンバーで構成されています。緩和ケア科医師、緩和ケア認定看護師以外のスタッフは兼任ではありますが、十分なかかわりが可能となっています。