医療機関の方へ

センター長あいさつ

大﨑敏弘
呼吸器病センター
センター長 大﨑 敏弘

 いつも大変お世話になっています。呼吸器病センター長の大﨑 敏弘です。
 飯塚病院呼吸器病センターは呼吸器内科、呼吸器外科に加えて、呼吸器腫瘍により特化した診療を行うことを目的に呼吸器腫瘍内科、呼吸器腫瘍外科を新たに開設、計4つの診療科で構成されています。2019年3月現在、20名(内科系15名、外科系5名)の専門医が一体となりシームレスな診療を行うことで最新・最適な医療を提供します。年間新規入院患者約2,100名、年間外来患者約27,000名を診療する九州を代表する呼吸器疾患のHigh Volume Centerです。
 呼吸器病センター内の定期カンファレンスとして肺癌を中心とした呼吸器腫瘍カンファレンス、腫瘍以外の呼吸器疾患を中心とした呼吸器カンファレンス、および抄読会を呼吸器病センター全員で行っています。病院全体で肺癌キャンサーボードも月1回定期開催しています。また地域の先生方との情報交換の場として「筑豊呼吸器RENKEIの会」を開催、情報発信の場として呼吸器病センター広報誌「いき息、いいづか」を発刊しています。これからも呼吸器病センターを充実させ地域医療に貢献するとともに地域の先生方と良好な診療連携が構築できればと考えています。飯塚病院呼吸器病センターを宜しくお願い申し上げます。

ご紹介について
 ご紹介の宛先は、【呼吸器病センター】【呼吸器内科】【呼吸器外科】のいずれでも構いません。
 内科、外科どちらか迷う場合は【呼吸器病センター】宛にご紹介いただければ適切な診療科に振り分けさせていただきます。

関連ページ