後期研修医

ストレートコース

(呼吸器外科)

呼吸器外科〔スタッフ医:5名(うち指導医:2名)〕

DATA(2015年実績より)

  • 年間手術件数:255件
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定基幹施設

はじめに

呼吸器外科

 当院は筑豊・飯塚地域(医療圏43万人)の基幹病院で、呼吸器外科専門医が在籍する唯一の病院です。
年間の呼吸器外科手術は約260例、うち肺癌手術が150例であり、九州でも有数の手術数です。肺移植を除く全ての呼吸器外科手術に従事しています。
標準開胸手術に加え、完全鏡視下肺葉切除などの低侵襲手術も積極的に行っています。

研修の特徴

  • 手術は基本的に術者または第一助手になり、専門医がマンツーマンで指導。また、初期研修医や後期研修医もローテーションで回ってくるため、身近な先輩として、また同世代の医師として彼らと一緒にチームを組み診療に当たる。
  • 他診療科との多くの合同カンファレンスがあり、特に呼吸器内科との合同カンファレンス、抄読会では最新の呼吸器疾患の知識を得る機会に。
  • 外科専門医取得のため一般外科、小児外科、心臓血管外科での修練期間を設定。特に一般外科(救急外科・乳腺外科も含めて)の修練は、十分に行えるように配慮。

診療実績(2015年実績より一部抜粋)

原発性肺癌 146件
自然気胸 31件
転移性肺腫瘍 16件
縦隔腫瘍 20件
膿胸 10件
その他 32件
全呼吸器外科手術 255件
  うち胸腔鏡下手術 209件

-その他の実績については、こちらから-

目的

あらゆる呼吸器外科疾患・手術に対応できる呼吸器外科専門医を育成する。さらに一般外科の基本的疾患・手術にも対応できる外科医として育成する。

当科の特徴

  1. 当院は筑豊・飯塚地域(医療圏43万人)の基幹病院で、呼吸器外科専門医が在籍する唯一の病院です。年間の呼吸器外科手術は約260例、うち肺癌手術が約150例であり、九州でも有数の手術数です。肺移植を除くすべての呼吸器外科手術を行っています。標準開胸手術に加えて完全鏡視下肺葉切除などの低侵襲手術も積極的に行っています。
  2. 呼吸器外科専門医が4名在籍しています。手術は基本的に術者または第一助手になり専門医がマンツーマンに指導します。初期研修医や後期研修医もローテーションで回ってくるため、身近な先輩として、また同世代の医師として彼らと一緒にチームを組み診療に当たる。
  3. 呼吸器病センターとして呼吸器内科と協力し、より高度で専門的な医療を展開しています。
  4. 外科専門医取得のため一般外科、小児外科、心臓血管外科での修練期間を設けています。とくに一般外科(救急外科・乳腺外科も含めて)の修練は十分に行えるように配慮しています。

獲得可能な経験、技能、手技

 あらゆる呼吸器外科手術を習得できるように指導します。
呼吸器外科専門医修練カリキュラム(呼吸器外科専門医合同委員会)で規定された呼吸器外科専門医認定基準により下記の手術を指導します。申請には術者として50例以上(開胸手術30例以上、胸腔鏡下手術20例以上)、助手として100例以上が必要であるため、それ以上の手術数を経験させます。

【A群:( )内は術者必要症例数】

  1. 縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除または肺摘除術(20例以上)
  2. 単純肺葉切除術(肺摘除術)または縦隔腫瘍摘出術または胸腺摘除術(10例以上)
  3. 自然気胸手術または肺嚢胞切除術(5例以上)
  4. 肺部分切除術・腫瘍核出術(5例以上)

【B群:5例以上、下記より2項目以上】

  1. 気管・気管支形成を伴う肺切除術
  2. 骨性胸郭、横隔膜、心嚢、大血管切除を伴う手術
  3. 胸膜肺摘除術
  4. 肺区域切除
  5. 膿胸に対する手術

教育の機会

他科との合同カンファレンスで呼吸器外科以外の専門医から多くの最新知識と専門的知識を習得することができます。

  1. 呼吸器内科との呼吸器外科手術症例カンファレンス(週1回)
  2. 呼吸器内科との呼吸器腫瘍カンファレンス(週1回)
  3. 呼吸器内科との合同抄読会(週1回)
  4. スタッフ全員での早朝回診(毎朝)
  5. 呼吸器内科、放射線科、病理科との合同呼吸器画像・病理カンファレンス(月1回)

週間スケジュール(一例)

8:00
気管支鏡カンファレンス
8:30
回診(E5、E8、E7)
9:00
外来
手術
13:30
気管支鏡
18:00
呼吸器画像病理
カンファレンス※1
8:30
回診
9:00
外来
手術
 
 
17:00
呼吸器カンファレンス※2
8:00
気管支鏡カンファレンス
8:30
回診
9:00
外来
手術
13:30
気管支鏡
8:30
回診
9:00
外来
手術
 
 
 
気管支鏡カンファレンス
8:30
回診
9:00
外来
13:30
説明会※3
14:30
回診(E8、E7、N7、E5)
15:30
術前症例検討会※2
16:30
呼吸器腫瘍カンファレンス、抄読会※2

※1:第2月曜のみ、医局談話室
※2:南3階カンファレンスルーム
※3:南1B食堂

指導医・スタッフの資格

  • 日本外科学会外科専門医:4名・指導医:2名
  • 呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医:4名
  • 日本呼吸器外科学会指導医:1名
  • 日本胸部外科学会指導医:1名
  • 日本呼吸器内視鏡学会指導医:1名
  • 日本気管食道科学会専門医:1名
  • など

学会認定

  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定基幹施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設
  • など

取得可能な資格

  • 日本外科学会外科専門医(卒後修練期間5年以上)
  • 呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医(卒後修練期間7年以上)
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医(学会会員歴5年以上)
  • 日本気管食道科学会専門医(学会会員歴5年以上)
  • など