後期研修医

ローテートコース

内科系ローテート

後期2年次に内科認定医受験資格取得可

ココがウリ!

内科系ローテートの後期研修

はじめに

 初期研修中の内科経験は1年未満であり、卒後3年次から専門分化した研修に絞り込むには、内科全般の経験数や知識に不安を感じる内科系志望者は少なくありません。

 また、内科認定医を取得するためにも初期研修のみでは取得が困難であり、内科医を目指す医師にとって内科研修を数年間継続する必要性が高まっています。

約8週間毎に内科系7科ローテートするプログラム

【必 修】
消化器内科/腎臓内科/肝臓内科/血液内科/神経内科/膠原病・リウマチ内科
(他施設での初期研修修了者は救急部ローテーションも必修)
【選 択】
当院で初期研修を終えた方は1科目選択
【期 間】
原則1年間(当コース修了後は内科系診療科に所属するストレートコースに移行)
【その他】
卒後3年次以降の方も応募可能です。

内科系ローテーションスケジュール例

A医師(他院初期修了者)
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 消内
  • 救急
  • 腎内
  • 肝内
  • 膠リ
  • 血内
  • 神内
  • 消内:消化器内科
  • 救急:救急部
  • 腎内:腎臓内科
  • 肝内:肝臓内科
  • 膠リ:膠原病・リウマチ内科
  • 血内:血液内科
  • 神内:神経内科
B医師(当院初期修了者)
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 選択
  • 腎内
  • 肝内
  • 膠リ
  • 血内
  • 神内
  • 消内
  • 腎内:腎臓内科
  • 肝内:肝臓内科
  • 膠リ:膠原病・リウマチ内科
  • 血内:血液内科
  • 神内:神経内科
  • 消内:消化器内科
  • 約8週間毎、7箇所ローテーション
    (肝臓、消化管、血液、神経、腎臓、膠原病リウマチ…順は当方で調整)
    他施設の研修終了者の場合、病院環境に慣れる目的で、救急部の研修も必修とする。
  • ローテーションは、原則として3年次のみである。他施設の初期研修修了者の場合、各人の要望の妥当性が高ければ4年次における残りの各科ローテーションも考慮する余地は残っている。

コース設定の背景・目的

  • 初期研修中の内科経験は1年未満であり、卒後3年次から専門分化した研修に絞りこむには、内科全般の経験・知識が不足しており、不安を抱いている内科志望者は少なくない。
  • 内科認定医取得のための必須経験も、書類上は可能であっても名実ともに研修したという実感をもてず、もどかしさを感じている実状がある。
  • 初期研修修了後も、最低1年間は内科研修継続の必要性の意向を汲み取り、内科各科のローテーションを約8週間毎に行なう機会として実施。

達成目標

  • 卒後4年次に、内科認定医を取得する。
  • 内科認定医に必要な経験を通して、認定医レベルとして必要な態度・知識・技能を獲得する。