後期研修医

ローテートコース

麻酔科ローテート

はじめに

 初期研修修了後、麻酔科を候補として考えているが、プライマリ・ケアの経験や外来診療の機会の減少などを不安に感じ、卒後3年次から麻酔科関連の領域に絞ってよいのか決めかねている麻酔科志望者も少なくありません。

 当コースは、麻酔科に興味はあるが、麻酔科だけでは不安であるという方のためのコースで、麻酔関連のさまざまな経験と共に、進路選択の幅と時間を与えることができるコースです。1年で麻酔科と内科(総合診療科)を各6ケ月ローテートします。なお、内科(総合診療科)以外でも緩和ケア科や集中治療部へのローテも可能です。また、麻酔科以外の診療科をローテートしている間も1ヶ月間に少なくとも1例の麻酔管理を担当することで、麻酔標榜医取得のための準備を行います。

麻酔科および総合診療科をローテートするプログラム

【必 修】
麻酔科/総合診療科
(他施設での初期研修修了者は最低1ヶ月間の救急部ローテーションも必須)
【選 択】
緩和ケア科/集中治療部/漢方診療科/循環器内科/外科/救急部などの診療科も応相談
【期 間】
原則1年間(本人の希望に応じて2年目も可能)
【その他】
卒後3年次以降の方も応募可能です。

麻酔科ローテーションスケジュール例

1年次
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 救急
  • 麻酔
  • 総診
  • 救急外来の当直
  • 救急:救急部(※)
  • 麻酔:麻酔科
  • 総診:総合診療科(※)
2年次
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 麻酔
  • 総診
  • 麻酔科および救急外来の当直
  • 総合診療科および救急外来の当直
  • 麻酔:麻酔科
  • 総診:総合診療科(※)

※少なくとも1ヶ月間に1例の麻酔管理を担当

コースの目標

  • 各自の進路決定を明確にする
  • 麻酔標榜医(認定医)取得を留保する
  • 各科手術麻酔の特殊性を理解し、実行できる

コースの概要

 当コースは、麻酔科に興味はあるが、麻酔科だけでは不安であるという方のためのコースです。

 1年間に麻酔科と内科(総合診療科)を6ヶ月ずつローテートするので、麻酔業務以外にプライマリ・ケアや外来診療についての経験も積むことができます。(ちなみに、ローテート先として、内科(総合診療科)のほか、緩和ケア科や集中治療部なども選択可能です)

 但し、麻酔科以外の診療科をローテートしている期間も、少なくとも1ヶ月に1例は麻酔管理を担当していただき、麻酔標榜医申請(2号)基準を満たして頂きます"。(標榜医取得基準参照)

 麻酔標榜医資格は厚生労働省が認める専門医制度です。標榜医が行う手術麻酔には保健診療上優遇処置があり、公に認められた唯一の専門医診療となります。標榜医になると日本麻酔科学会から麻酔認定医を受けることができ、麻酔専門医を目指す医師はまずこの資格取得を目指します。学会の専門医制度は標榜医資格の上に組み立てられています。当院では手術症例数が多く、半年の麻酔科ローテでも150例前後の気管挿管全身麻酔が経験でき、標榜医取得の留保ができます。1年間麻酔科と内科(その他も可)をローテし、御自分の進路をしっかりと考えて頂きます。その後このコースをもう一年続ける場合でも、麻酔科を選択した場合と同じく標榜医資格を申請できるように致します。

参考:標榜医取得基準

  1. 医師免許を受けた後、麻酔の実施に関して十分な修練を行うことのできる病院又は診療所1)において、2年以上修練をしたこと2)。(医療法施行規則第42条の4第2項第1号。以下「基準1」とする。)
  2. 医師免許を受けた後、2年以上麻酔の業務に従事し3)、かつ、麻酔の実施を主に担当する医師として気管への挿管による全身麻酔を300症例以上実施した経験を有していること。(同項第2号。以下「基準2」とする。)
      ≪訳注≫
    • 1) 麻酔指導病院ということ(当院は指導病院です)。
    • 2) 2年以上の麻酔業務専従と言う事(概ね週3日以上は麻酔業務)。
    • 3) 麻酔専従でなく、麻酔を担当すること(他の診療科に在籍していても可)。但し、麻酔業務が無い月は年数にカウントできない。
当院における麻酔件数(2015年実績より一部抜粋)
外科 1,208件
産婦人科 697件
整形外科 709件
耳鼻咽喉科 214件
心臓血管外科 245件
泌尿器科 275件
脳神経外科 129件
小児外科 169件
形成外科 130件
歯科口腔外科 116件
皮膚科 32件
ほか

達成目標

  • 気管挿管全身麻酔(吸入・静脈)が単独で施行できる
  • 硬膜外・脊椎麻酔が単独で施行できる
  • エコー下神経ブロックおよび中心静脈穿刺、が上級医監督下に施行できる
  • 後期2年次での麻酔科標榜医の取得(麻酔標榜医申請(2号)基準に合致する麻酔科研修)
  • 内科認定医受験資格の取得(ローテート中の担当症例により異なります)

関連コース