赤ちゃんの鼻水・鼻づまりの原因は?
自宅でできるケア方法もご紹介 Vol.2

イメージ:病院

  • 2017.12.08

 前回【Vol.1】では、透明でサラサラした鼻水のケアについて紹介しました。今回は、黄色・緑色の鼻水の対象法や考えられる病気などについてご紹介します。

鼻水が「黄色・緑色」の場合は細菌・ウイルス感染が原因

 鼻水に黄色や緑色などの色がついている場合は、細菌またはウイルスに感染している可能性があります。発熱や食欲不振を伴っている場合は、風邪が原因になっていることが多いため、水分補給に気をつけながら、まずは小児科を受診しましょう。また、熱が出ていない状態でも、あとから発熱する可能性があるため、早めに病院に相談しておく方が安心です。

黄色・緑色の鼻水が続く場合は「副鼻腔炎」が原因かも

 黄色や緑色の鼻水が続く場合は、副鼻腔炎(ちくのう症)が原因の可能性もあります。ちくのう症は、風邪から発症することが多いため、初めは風邪と診断を受けることも多くなっています。症状としては、鼻水が長く続いている、鼻づまりで呼吸が苦しそう、いびきをかいているなどがあげられます。一度、風邪と診断を受けていても、副鼻腔炎に進行していることがあるため、これらの症状がではじめたら耳鼻科で相談するようにしましょう。
 治療では、抗菌薬や炎症を抑える薬が必要になります。さらに、鼻の洗浄や吸引のほか、ネブライザーを使った治療も行なわれます。放置しておくと、さらに中耳炎などのほかの病気を併発してしまうケースもあるため、早い段階で病院に行くことが大切です。

イメージ:親子

色がついている鼻水は「吸引器」を使って吸ってあげよう

 黄色や緑色の鼻水は、透明の鼻水と違ってネバネバしています。そのため、鼻づまりを起こして息が苦しくなってしまうので、できるだけ吸引器を使って吸ってあげることが大切です。上手に鼻水を吸い出すポイントは、お風呂あがりなど、湿気がある状態で行うことです。また、鼻くそなどの大きな塊がある場合は、綿棒で取ってから吸い出すようにしましょう。
 吸引器は、赤ちゃん専用のものが市販でありますので、自宅に1個常備しておくと安心です。

赤ちゃんの鼻水は自宅でケアすると同時に、病院で相談することが大切

 赤ちゃんや幼児は風邪でなくても鼻水が出やすいですが、自分で鼻水を拭き取ることができないため、周囲の大人がきちんと対処してあげる必要があります。鼻水の量が多い場合は、自宅で赤ちゃん用の吸引器を使って、鼻水を吸い出してあげる方法がおすすめです。
 また、風邪と思っていても副鼻腔炎(ちくのう症)や中耳炎に進行してしまう場合があるので、病院で相談すると同時に、いびきや口呼吸などの症状の変化にも注意しておきましょう。


編集者より
赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは自宅でケアすることもできます。ただ、黄色や緑色の鼻水が出ていたり、症状が長引く場合は病気になっているかもしれません。放置しておくと悪化することもあるので早めに病院で相談するようにしましょう。

関連記事