朝、手が動かしづらい…
「関節リウマチ」の初期症状かも Vol.1

  • 2017.05.26
このエントリーをはてなブックマークに追加

30代~50代の女性に多い「関節リウマチ」

 ある調査では、15歳以上の日本人のうち、100人に一人は関節リウマチにかかっているとされており、患者さんの男女比は1:3~4と女性に多い病気です。中でも30代~50代の女性での発症が多く、女性にとって関節リウマチは身近な病気と言えます。

朝の手の“むくみ”は関節リウマチの初期症状かも

 朝起きると、手がむくんでいると感じることはありませんか?指の曲げ伸ばしがしづらい、包丁を持ちにくい、洋服のボタンを外しにくい…。
 関節リウマチは、関節の炎症によって痛みや腫れが出る病気です。初期症状が最も現れやすい場所が手の指です。もし、朝に「手の指の関節が動かしにくい」という症状が続くようであれば、早めに医療機関で相談するようにしましょう。

関節リウマチの原因って何?

 関節リウマチの原因は、まだはっきりと解明されていませんが、体質や環境要因(喫煙や歯周病など)の組み合わせが関係していると言われています。この他、疲れやストレス、ウイルス・細菌感染、外傷も発症に関与しているのではないかと考えられています。

関節リウマチが進行すると?

 進行すると、手足の指、手首・足首・膝などの関節に、腫れや痛みが出てきます。はじめは、動かしにくい、動かした時に痛むという状態だったものが、次第に動かさなくても痛むようになります。さらに症状が悪化すると関節が固まり、骨の変形や骨の破壊が起こり、関節を動かすことや指先の細かい動作が困難になります。
 また、発熱や体重減少の他、貧血、リンパ節腫脹、疲れやすいといった全身症状も現れます。症状が悪化すると、手足の関節だけではなく、全身の関節にも症状が広がってくるため、歩くのも困難になり、通常の日常生活を送るのも困難になってしまいます。
 関節や骨の変形は、一度変形すると元に戻ることはありません。だからこそ、早期発見・早期治療が大切なのです。

次回【Vol.2】では、関節リウマチの3つのタイプと治療法、受診する際の診療科をご紹介します。

【vol.2】へ続く


関連記事