押さえておきたい!
妊婦さんが温泉に入るときの注意点

押さえておきたい!妊婦さんが温泉に入るときの注意点

  • 2016.12.02
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦さんでも温泉は入れます!

 よく耳にする「妊娠中の温泉は控えたほうが良い」という話。しかし、「妊婦さんが温泉を控えなければならない医学的根拠はない」というのが実際のところなんです。
 実は、これには環境省が定めた温泉法で「妊娠中の入浴は禁忌」とされていたことが関係しています。ところが、専門家による検討の結果、2014年7月に禁忌対象の項目から"妊婦さん"が削除されました。

禁忌ではなくなったけど…ラジウム泉やラドン泉は大丈夫?

 ラジウム泉やラドン泉は、放射線を出す成分が含まれている放射能泉です。それなら放射能が胎児に影響を与えるのでは…と心配ですよね。ただ、温泉に含まれている成分が出す放射能の量はごく微量。ですから特に気にする必要はありません。

温泉が母体と胎児に与える効果

 温泉に入ると血の巡りが良くなるので、むくみや冷え性の改善に効果的です。いつもと違った環境でゆったりと湯船につかればリラックス効果も得られるでしょう。また、妊娠中はちょっとしたことでも慎重になったりするもの。気付かないうちにストレスを溜めてしまっている場合だってあります。温泉入浴が気分転換になり、マタニティブルーの解消にもつながるのではないでしょうか。 そして何より、お母さんが楽しい気分になれば、へその緒を流れる血流がアップ!赤ちゃんがすくすく育つ環境が作れます。

妊婦さんが温泉に入る際の注意点

 ただ、大切な命を宿したからだです。安全に温泉を楽しむためにも、次の注意点を確認しておきましょう。

■無理をしない
体調の変化があれば無理せず延期を。遠出をするならやはり安定期に入ってからがオススメです。
■転ばない
妊婦さんはバランスを崩しやすかったり、せり出したお腹で自分の足元が見えなかったりします。ですから、とにかく転ばないように注意を払って行動しましょう。特にお湯がヌルヌルしているアルカリ性泉、お湯が濁る硫黄泉や鉄泉といった泉質の温泉では、安全面への配慮から妊婦さんの入浴は控えるよう但し書きをしているところもあります。
■長湯は禁物
のぼせると転倒リスクは高まります。1回の入浴は10分以内が目安。注意点として、前後の水分補給はしっかり行いましょう。
■周囲の医療機関を調べておく
何かあったときのために、産婦人科や救急病院の情報収集をして出掛けるようにしましょう。
■心配なら単純温泉をチョイス
妊娠中は体質が変化して温泉成分にかぶれるなど、体調不良を自覚するといったことも起こり得ます。気になるときは刺激の少ない単純温泉を選ぶようにしましょう。


編集者より
 最近ではマタニティプランを利用して温泉旅行を楽しむという方も増えているようですね。妊婦さんが温泉に入るときの注意点を守りながら、リラックスしてもらえたらと思います。

関連記事