気管支ぜんそく

どんな病気?

喘息の人は、気道(気管支)が常に炎症を起こしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。炎症を起こしている気道はとても敏感で、健康な人の気道であればなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり、発作を起こします。

どんな症状?

常に炎症を起こしている気道にさまざまな刺激が加わると、過敏になった結果さらに気道が狭くなり、咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起こり、息をするたびにゼーゼー、ヒューヒューという音が聞こえ、激しく咳き込んだりします。また、この症状を発作性に繰り返します。

飯塚病院での治療

小児の代表的なアレルギー疾患の1つとして、対応しています。喘息発作そのものが喘息を悪化させるもとなので、普段から発作を起こさない治療が一番大切です。当院では、夜ぐっすり眠れて、昼間しっかり運動できる状態にコントロールできることを目標に治療を行っています。

アレルギー学会による気管支喘息治療・管理ガイドラインに基づき、重症化を予防するための早期診断・早期治療を行い、抗ロイコトリエン拮抗薬、吸入ステロイド剤を積極的に使用し、患者さんの生活の質の改善に取り組んでいます。

早期発見・早期治療のために

小さな子どもは、喘息になってもうまく苦しさを表現することができません。そのため、そばにいる親が息遣いなどを観察し、細かくチェックすることが重要です。息を吐くときに特に苦しそうであれば、かかりつけ医を受診し、検査を受けてください。

ドクターからのアドバイス

ぜんそくの発作で苦しむお子さんを見るのは、親御さんにとってもつらいことと思います。できるだけぜんそく発作を起こさせないようにコントロールするためには、医学的なアプローチとともに、ご家族のみなさんによる環境面でのアプローチも必要になりますので、子どもさんのために力を合わせていきましょう。