飯塚病院 在宅医療について

在宅医療について > ご家族の体験談 > 83歳・男性のご家族

ご家族の体験談

在宅医療を選択したご家族の体験談[2]

【体験談[2]】
83歳男性 病名:肺がん
同居のご家族:妻
在宅医療を選択した理由:本人、家族が希望し、医師にも勧められたから
アンケート回答者:妻

1.在宅医療を選択して良かった事

  • 本人が在宅を希望したのでそれを叶えられた事が一番良かったと思います。
  • 家族も病院にいるよりも自宅のほうが疲れませんでした。
  • 食事も本人の好きな物を食べられるだけ摂ることができました。
  • テレビも病院のようなイヤホンをせず、孫たちと一緒に高校野球を観て楽しむ事ができました。
  • 知人がお見舞いに来てくれた時も、病院のように他の方に気を遣わずゆっくりしてもらえました。

2.在宅医療を選択して大変だったこと

  • 急変時、電話をかけてから看護師さんが来てくれるまでの時間は、家族だけで不安でした。
  • 啖の吸引器をお借りして使い方も教わりましたが、いざとなると怖くて使えませんでした。
  • 担当の先生が曜日によって変わる事があったので、初めてお会いする先生は本人も緊張していましたし、家族も本人のことをどこまでわかってもらえるか不安でした。

3.これから在宅医療を選択する方へのアドバイス

  • 在宅医療は布団よりベッドのほうが介護しやすいと感じました。
  • 夜中の急変に備えて交代で起きていられるよう、ケアする家族が二人以上は必要だと思います。

このページの一番上へ