飯塚病院 膠原病・リウマチ内科
文字サイズの変更ができます 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする
当科における専門医研修について
研修期間年表
 膠原病・リウマチ性疾患は全身疾患であり、内科医として幅広い知識と技量が要求されます。従って、後期研修医として当科に在籍した上で、当院の総合診療科、腎臓内科、呼吸器内科などの内科系専門診療科に加え、救急部、リハビリテーション科など、原則として希望する院内のいずれの専門診療科もローテート可能です。日本リウマチ学会認定専門医を取得するためには、まず、日本内科学会による認定内科医の資格を取得する必要がありますので、初期研修内容を補完し、内科医としてバランスの取れた実力を身につけていただきます。当科での研修中は、入院症例の主治医として、指導スタッフと共に治療にあたると共に、外来研修も十分に行えるようなカリキュラムを組んでいます。

 また、膠原病・リウマチ内科医として、グローバルに通用する幅広い視点が養えるように、H21年度より長崎大学第一内科と人材交流プログラムを開始し、希望者は短期国内留学の形で研修が可能です。今後、人材交流プログラムに関しては他大学、他病院にも拡大し、協力施設を募る予定にしていますので、希望施設があれば個別に相談に応じます。

 膠原病・リウマチ性疾患に対する医療は、免疫学や分子生物学の進歩により、めまぐるしく革新され変化しています。常に最先端で最高の医療を提供するためには、それらの情報を収集するだけでなく、発信できる施設でなければなりません。当科には膠原病・リウマチ性疾患に関連した多くの臨床試験の依頼があり、新しい治療法に対するエビデンス構築にも積極的に取り組んでいます。また、国際学会を含めて、積極的に学会発表を行っており、研修中の学会発表、さらには論文作成まで熱意を持ってサポートします。
カンファレンスの様子
後期研修医研修スケジュール(表)
曜日 午前 午後
外来、病棟診療 通常回診、病棟診療、ディスカッション、研究活動
外来、病棟診療 通常回診、病棟診療、ディスカッション、研究活動、
入院患者症例検討会
外来、病棟診療 通常回診、病棟診療、ディスカッション、研究活動
外来、病棟診療 通常回診、病棟診療、ディスカッション、研究活動、
総回診、Journal club
外来、病棟診療 通常回診、病棟診療、ディスカッション、研修活動、
リサーチカンファ
飯塚病院 膠原病・リウマチ内科
 福岡県飯塚市芳雄町3-83  TEL:0948-22-3800 / FAX:0948-29-8075
外来休診日
土・日曜・祝日、年末年始(12/30〜1/3)