飯塚病院 臨床工学部

臨床工学部 > 各部門での業務内容 > 中央手術室

手術室

心臓血管外科業務

 心臓血管外科業務では人工心肺や、出血を回収し遠心分離器で洗浄後身体に返血する自己血回収装置、IABPやPCPSといった生命維持装置の操作を行い、医師や看護師と協力しチーム医療を行っています。

  • 人工心肺操作

  • 心筋保護操作

  • 人工心肺チーム

内視鏡業務

 飯塚病院では2013年から低侵襲手術センターが稼動し、日々多くの内視鏡下手術が行われています。内視鏡機器の保守管理や機器のセットアップ、術中カメラ操作、映像記録などを行っています。

  • 内視鏡始業点検

  • ケーブル類受け取り
    セッティング

  • 内視鏡手術開始

眼科業務

 眼科手術では精密な機器が多く使用されており、顕微鏡などの機器セッティング、清潔物品の展開から直接介助、術中記録、終了処理等を行っています。

  • 清潔機器展開

  • 機器セッティング

  • 直接介助

点検・修理・保守・管理

 手術室には多くの医療機器があり、付属品、消耗デバイスがあります。それら消耗品を管理・点検し、不具合が見つかれば迅速修理等の対応を行います。術中の機器トラブルを未然に防ぐ事で、患者安全、手術の効率化に貢献すべく、尽力しています。

  • 滅菌前のデバイス点検

  • シリンジポンプ
    バッテリー交換

  • 手術台点検

トラブル対応

 点検や管理を行っていても、想定外のトラブルは残念ながら発生する事もあります。「最悪の状況を想定し、最良の対応を行う」をモットーに、迅速な対応ができるよう、日々努力しています。

院内待機、院外待機体制

 24時間体制の手術室に対応すべく、2010年10月より院内待機1名、院外待機1~2名体制を敷いています。

このページの一番上へ