飯塚病院 臨床工学部

臨床工学部 > 各部門での業務内容 > 透析センター・病棟透析室

透析センター・病棟透析室

業務内容

 臨床工学部より透析センター・病棟透析室・血液浄化センターに技師が派遣されており、現在13名が透析業務に携わっています(2017年7月現在)。
 業務内容は、主に、メンテナンス業務とベッドサイド業務に分けられます。

メンテナンス業務

 透析関連装置の点検、修理、水処理関連装置の点検、透析液の作成、浸透圧測定、除水データの確認、透析中のアラームへの対応、透析関連装置の定期点検など、透析治療が安全に行えるように装置の点検や保守を行っています。

ベッドサイド業務

 カルテの読み込み、カルテ整理、来室時の患者さんの状態把握、除水量の計算、毎時間のバイタル測定、食事の介助、透析中の容態変化への対応等、看護師さんと同じような業務(入院患者への透析、病棟看護師さんとの引き継ぎ作業、創処置等の作業は除く)を行っています。
 メンテナンス業務、ベッドサイド業務に関係なく、全ての技師が血液回路のプライミング(回路内の洗浄)、シャントへの穿刺、導入(透析開始時の接続作業)、回収(透析終了時の離脱作業および抜針)、装置の洗浄、物品の準備等を行っています。

 病棟透析室では、透析新規導入やPTA(経皮的血管形成術)後など腎臓内科入院中の患者さんを中心に、呼吸不全や心臓手術後などさまざまな入院患者さんの透析治療に携わっています。

その他業務

 透析治療以外の業務として、透析センター・病棟透析室センターにて腹水濃縮治療や血漿交換・血漿吸着療法、潰瘍性大腸炎などの治療に用いられる白血球除去療法などを行っています。また、ハイケア3階にて末梢血造血幹細胞採取も行っています。

このページの一番上へ