飯塚病院 緩和ケア科

緩和ケア科 > 医療従事者の方へ > 部長メッセージ

部長メッセージ

柏木 秀行

 飯塚病院 緩和ケア科の研修プログラムに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
「病気になっても、過ごしたい過ごし方を、過ごしたい場所で過ごせる地域づくりに貢献する!」をミッションとし、そのための人材育成の一環として研修プログラムの改善に取り組んでまいりました。
 当プログラムにはいくつかのユニークな特徴があり、ご紹介させて頂きます。

患者さんが過ごす、全てのフィールドを経験できます

 従来は入院(特に緩和ケア病棟)が、緩和ケア研修の中心的役割を担ってきました。 しかしながら、患者さんが過ごしたい場所で過ごすことを支えるためには、外来や在宅(施設含む)での緩和ケア提供にも取り組む必要があります。
 当プログラムでは、

  • 緩和ケア病棟
  • 一般病床での緩和ケアチーム(提携施設へのアウトリーチ含む)
  • 緩和ケア外来
  • 在宅緩和ケア

の全てを幅広く経験できるプログラムです。

後期研修についてはコチラから

臨床研修病院としての強みを活かした研修を受けられます

 飯塚病院の持つ臨床研修病院としての強みを活かし、基礎となる臨床能力についても学ぶことができます。 具体的には、

  • 各診療科との勉強会
  • 各診療科のローテート研修(例:内科各科、外科系診療科、麻酔科など)
  • 院外講師を招いての勉強会
  • 海外のFD(Faculty Development:指導医養成)トレーニングを受けた指導医からの直接指導
  • 海外病院との提携

などです。

多くの仲間がいます

 当プログラムには、1~3ヶ月の短期ローテート者を初め、数年単位の緩和ケア研修を希望する研修者まで幅広く対応しています。(日本緩和医療学会 緩和医療専門医の取得を希望する場合は、学会が指定する研修期間を満たすように研修を組みます)
 出身大学、医局は問いません。研修終了後の進路も、可能な限り希望に添えるよう応援しています。

研修者実績は以下のとおりです。

平成28年度 (予定者含む)
3ヶ月未満 13名
3~6ヶ月 4名
6ヶ月以上 5名(1名の施設外研修者を含む)
平成27年度
3ヶ月未満 18名
3~6ヶ月 4名
6ヶ月以上 5名(1名の施設外研修者を含む)

研修医の声 のページへ

以上の他にも、まだまだお伝えしたいことはあるのですが、
ぜひ見学にいらしてください。

このページの一番上へ


見学・お問い合わせはコチラから