飯塚病院 緩和ケア科

緩和ケア科 > 緩和ケアとは > スタッフ紹介

スタッフ紹介

スタッフ医

柏木 秀行
柏木 秀行 (カシワギ ヒデユキ) 2007(H19)年卒
認定資格
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本緩和医療学会 緩和医療専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 社会福祉士
所属学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本内科学会
  • プライマリ・ケア連合学会
  • 日本在宅医学会
  • 医療の質・安全学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本遠隔医療学会
  • 医療マネジメント学会
業績
  • 放射線治療により良好な鎮痛を得た悪性腸腰筋症候群の1例(日本ペインクリニック学会誌)
  • 厚生労働省老健局「老人保健健康増進等事業」における、がん患者を含む療養の場の選定に関する研究に実施委員として参加(2012年7月~2013年3月)
  • 勇美記念財団研究助成事業により、アドバンス・ケア・プランニングに関する啓蒙活動および意識調査について研究責任者として参加(2013年4月~2014年3月)
  • グロ-ビス経営大学院にて経営学修士を修了
  • 聖路加国際大学 大学院 公衆衛生学研究科 在学中
コメント 総合診療科での後期研修を経て、緩和医療専門医として部門の運営と指導をしています。「緩和ケアを学びたい!でも他分野のトレーニングも並行して取り組みたい!」という欲張りなあなたにぴったりな研修カリキュラムを作っています。
岡村 知直
岡村 知直 (オカムラ トモナオ) 2010(H22)年卒
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
コメント 総合内科に携わった経験を活かし、地域密着の緩和ケアを提供できるよう、そして同じ使命感を持つ若手医師を育成できるよう頑張ります。
松本 弥一郎
松本 弥一郎 (マツモト ヤイチロウ) 2011(H23)年卒
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 弓道5段
所属学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本内科学会
  • 日本在宅医療学会
コメント 2017年度より緩和ケア科スタッフとして勤務させて頂いております松本弥一郎と言います。終末期だけではなく、治療期など様々なところで関われたらと思います。従来の緩和ケア科とは違うところを見せれたらと思います。よろしくお願いします。
橋本 法修
橋本 法修 (ハシモト ホウシュウ) 2011(H23)年卒
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
所属学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本内科学会
業績
  • 頚椎MRIの異常信号を契機に掌蹠膿疱症性関節炎が疑われた1例(第10回日本病院総合診療医学会2015)
  • 発熱と倦怠感が持続するADL自立した40歳男性(MedPeer ケース・カンファレンス 第75回 2013)
  • ステロイド使用者に対する結核発病予防(J Hospitalist Network clinical question 2015)
コメント 総合診療科緩和ケア科フェローの橋本です。「緩和ケア」という一見難しい印象を持たれる分野のように思われがちですが、少しずつ緩和ケアで学んだ考えを非がん患者へ応用できればと思っています。
大森 崇史
大森 崇史 (オオモリ タカシ) 2012(H24)年卒
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本不整脈心電学会心電図検定2級
  • 全日本弓道連盟弓道五段
所属学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本不整脈心電学会
  • 日本感染症学会
業績
  • 第15回日本病院総合診療医学会 学術集会
    「病診連携・訪問診療を通じ再入院を防ぎ心不全緩和ケアの質を高めた重症心不全の一例」
  • 2017年6月 月刊治療
     「癌とどこが違う?心不全におけるACP」
コメント 今までは高次医療機関で総合内科・救急・循環器を専門に従事してきました。今後は急性期医療と慢性期医療の架け橋となれるような存在を目指し、地域医療に貢献しつづけたいと考えています。九州心不全緩和ケア深論プロジェクトのメンバーとして心不全緩和に関する活動も行っています。
大屋 清文
大屋 清文 (オオヤ キヨフミ) 2013(H25)年卒
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
所属学会
  • 日本内科学会
  • プライマリ・ケア連合学会
コメント 緩和ケア・在宅診療のトレーニングが受けられる環境を選び、本年から後期研修医として所属しています。
“生きる”緩和ケア・飯塚から世界の臨床を変える、というロマンを掲げ、論文発表をめざして臨床研究に取り組んでいます。
若手が多く、活気があるのも当科の特徴です。ぜひ一度見学にいらしてください。

客員指導医

橋本 忠幸
橋本 忠幸 (ハシモト タダユキ) 2010(H22)年卒
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 米国公衆衛生大学院修士課程
コメント 医学教育、公衆衛生を専門にしています。研修カリキュラムと学習者の到達度評価を中心に、より良い緩和ケアカリキュラムとなるよう指導を担当しています。ぜひ一緒に学び、楽しくスキルアップを目指しましょう!国際学会発表も支援しています!!
山口 健也
山口 健也 (ヤマグチ タケヤ) 2010(H22)年卒
認定資格
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医/指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本医師会認定産業医
  • 合気会 合気道初段
  • 全国珠算教育連盟 珠算検定七段
  • 全国珠算教育連盟 暗算検定九段
所属学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本内科学会
  • プライマリ・ケア連合学会
業績
  • 他科でのオピオイド増量にて改善しない癌性疼痛に対し、確実な内服ができるよう介入することで疼痛緩和を得た一例(第21回 日本緩和医療学会学術大会)
  • 末期癌患者の腹膜播種に伴う癌性疼痛に対し、十分量のアセトアミノフェンのみで疼痛コントロール可能であった一例(第33回 九州地域医学研究会)
コメント 近隣の小竹町立病院で地域医療を行っています。
飯塚病院緩和ケア科と連携しながら、地域の方々により良い緩和ケアが提供できるよう努めています。
自分を緩和ケア医へと育ててくれた飯塚病院緩和ケア科に少しでも恩返しできるよう精進します。

後期研修医

木村 衣里
木村 衣里 (キムラ エリ) 2014(H26)年卒
所属学会
  • 日本内科学会
コメント 一人一人に寄り添う緩和ケアを提供すべく、日々精進を重ねていく所存です。一般的に「お看取り」を連想されることも少なくない緩和ケア科ですが、残された時間を精一杯過ごしたいように過ごせるよう、少しでもお手伝いをしていけましたら幸いです。

このページの一番上へ