飯塚病院 緩和ケア科

緩和ケア科 > 緩和ケアとは > 緩和ケアについて

緩和ケアについて

 緩和ケアとは、主にがんの患者さんに対して、身体的、精神的、社会的、そしてスピリチュアルな苦痛・苦悩の軽減を図ろうとする医療やケアのことです。
 医療技術の高度化によって細分化されてきた医療・ケアというものを全人的な視点から再統合しようとする、古くて新しい考え方であるともいえます。
 ですから、がん治療の早い段階からも実施することができますし、治療が一通り終わった方にも役立つことができる考え方です。
 また、適切な医療機関があれば、在宅でも受けられます。厚生労働省も、この考え方の普及に力を入れていますので、地域ぐるみで切れ目のない緩和ケア提供体制について考えていかなければならない時代に入ったといえます。
 飯塚病院では、緩和ケア委員会が飯塚病院の緩和ケアの大きな方向性を決定しています。
 そして、その方針に基づいて緩和ケアチームが一般病棟との連携の中で緩和ケアを実践していきます。
 なお、当院では2名の緩和ケア認定看護師が、一般病床および緩和ケア病棟での標準的な緩和ケアだけでなく、専門的緩和ケアの維持・推進に大きな役割を果たしています。
 また、緩和ケア外来では、がんの病状や治療内容にかかわらず、さまざまな苦痛や症状を軽減するための診療を行っています。

  • 外来
  • 病棟
  • チーム

このページの一番上へ