飯塚病院TOP > 看護部 > なりたいナースになる方法 > 脳神経外科

なりたいナースになる方法

脳神経外科

1年目
局所麻酔での手術の看護、急性期の脳梗塞の看護が出来る(異常の早期発見が出来る)。脳卒中後の障害の理解が出来る
脳神経外科1年目
1年目ナースのコメント

 自分のペースに合わせた指導がうけられた。プリセプターだけではなく、チームリーダーや先輩看護師から声かけをしてもらい、業務が出来るようになった。局所麻酔での、手術前後の看護が出来るようになった。

2年目
脳卒中後の障害の理解が出来、障害に応じた個別のケアができる。
開頭術後の看護が出来る。脳梗塞以外の神経内科疾患が理解できる
脳神経外科2年目
2年目ナースのコメント

 開頭手術前後お看護や人口呼吸器患者の観察・処置が出来るようになりました。
 東六階のチェックリストも終了しました。
 患者の精神的面まで少しずつではありますが、支援できるようになったことが成長できたことと感じています。

3年目
  • クモ膜下出血の看護が出来る。チームナーシングの中でのリーダーとしての役割を理解し、日勤のリーダーが出来る
  • 看取りの看護が出来る
脳神経外科3年目
3年目ナースのコメント

 くも膜下出血の手術前後の看護が出来るようになり、救急病棟と一般病棟をローテーションすることで脳卒中の一連の看護が出来るようになりました。
 3年目では、日勤のリーダーを経験しました。リーダーを経験することで、視野が広がったと感じています。