飯塚病院TOP > 看護部 > なりたいナースになる方法 > 循環器

なりたいナースになる方法

循環器

1年目
心電図モニターの変化に気づき主な疾患に関連した看護ケアができる
循環器1年目
1年目ナースのコメント

 私の病棟では、循環器病棟ならではの技術や能力を取得することができるような教育システムがあります。各自で事前学習し、先輩や先生方のアドバイスや指導を頂き、独り立ちできるように指導していただいています。先輩方のアドバイスは長年の経験などが活かされていて、いつも勉強になります。
 自分ひとりではまだまだではありますが、優しくて頼りになる先輩方がサポートしてくださって、少しずつ自分なりの看護が行えるようになったのではないかと感じます。

2年目
患者のニーズに適応した個別性のある看護計画が立案でき、看護過程の展開ができる
循環器2年目
2年目ナースのコメント

 循環器看護師としての2年目を振り返り、1年目より知識が増えたことで病態と目の前で起きている患者の現象を結びつけて看護を行えるようになったと感じています。また、心電図についても不整脈の発見や判別などが1年目の時に比べて出来るようになってきており、心電図を読み取る事に楽しみも感じられるようになりました。まだまだ知識は少なく、わからない事がたくさんありますが、今後も勉強や経験を重ね、先輩看護師の指導の元、日々成長していけるように頑張っていきたいです。

3年目
チームナーシングの中でのリーダーとしての役割を理解し、
実践できる危険予知トレーニングを通し、リスク管理を学ぶことができる
循環器3年目
3年目ナースのコメント

 3年目になり、2年目で学んだ患者に何が起こっているか根拠を考え、五感を使いアセスメントすることの大切さを実践で生かしながら、少しずつ実践できていることへ一歩一歩自信が付き始め、考え看護を行っていく大切さを実感できることに気付きました。未だ不十分な部分もありますが、先輩方のサポートもあり、学習を重ね成長できるよう取り組んでいる時期だと思います。また、来年リーダー業務を行うため、チーム全体の流れを把握しながら自己成長していく時期だと思います。