飯塚病院TOP > 看護部 > なりたいナースになる方法 > 認定看護師

なりたいナースになる方法

認定看護師

吉川英里
認定看護師になってさらなる質の向上へ
救急看護認定看護師

吉川英里(救命救急センター)

認定看護師取得を目指したきっかけ
救急外来での勤務を看護学校卒業の時から希望していましたが、原則として救急外来では新人の受入れは行なっておらず、最初は循環器病棟に配属になりました。3年半の病棟勤務を経験後、ローテーションを希望して救急外来に配属になりました。救急外来での勤務が3年経過した頃、私はあらゆる状況下でも迅速に確実な救命技術を実践し、根拠ある看護を患者に提供したい、そして患者やその家族の方の心理問題を把握して支援できる能力を身につけたいと思い、「救急看護認定看護師」を目指しました。
支援制度
支援制度認定看護師教育課程に通う半年間は在職扱いにして頂きました。教育課程卒業後は働きながら勉強をしなければいけないため、認定審査前は夜勤を日勤へシフトしてもらったり、勉強に専念できる環境を与えて頂き、無事合格する事が出来ました。認定審査に合格すると資格取得に必要な学費が免除される制度もあるので負担なく挑戦出来ます。
今後の目標
“実践・指導・相談”が認定看護師の役割です。現在、フィジカルアセスメントに基づき根拠ある看護の実践と、スタッフが担当する日々の症例を振り返ることで後輩への指導を行い、看護学校の講義や院内新人教育などにも参加しています。今後も救急看護認定看護師として、救急外来だけではなく院内急変対応など飯塚病院全体の救急医療の質向上に向け、スタッフとともに取組みたいです。