飯塚病院TOP > 看護部 > 私たちの強みと特徴 > 看護部長メッセージ

私たちの強みと特徴

特任副院長メッセージ

一人ひとりが輝けるために

「一人ひとりが輝けるために」

飯塚病院には約1,000名のナースが働いております。

大学病院からこられた先生達からは、チーム医療のメンバーでナースを選ぶのであれば飯塚病院のナースと組みたいというふうにおっしゃっていただいております。
これはひとえに新人教育、または経年時キャリアアップの教育の充実をものがたっているものだというふうに思っております。
新人さんが来られて何年か経験すると認定看護師になりたい、専門看護師になりたい、大学院に進学したいというふうにおっしゃいます。
うちの病院はこの教育を支援するというバックアップ体制が充実しております。
休職はもとより金銭的なバックアップも充実しておると実感しております。

病棟の1スタッフと言う立ち位置ではなくて、専門職として職場環境を確保できているということも飯塚病院のナース達のレベルが高いということにつながっていると思っています。
それと、医療の現場はとても大変です。だからこの大変さをいかに看護のやりがいに変えられるか。
ということに私は尽力しております。この大変さをやりがいに変えるためにどうやればいいのか。
でもペイシェントファーストです。
「私たちが何をやった」ではなくて、「患者さんにどんな価値を提供できたか」ということをスタッフとともに話し合い、ディスカッションしながら日々の看護の目標をスタッフ達と一緒に考えて言っているというところです。
患者さんも大事にします。だけどあなた方お一人お一人スタッフも大事にしていきたいと思っております。「まごころ」、日本一のまごころ病院という言葉がありますが、私たちの「まごころ」をどう表現するか。ひとりひとりが「大切にしてもらった」「大事にしてもらった」と、感じていただけることだというふうに、日本一のまごころ病院を実現したいと思っております。
どうぞこの日本一のまごころ病院に力を貸していただきたいというふうに思っております。

どうぞ皆さん両手を広げて、オープンハンドでお待ちしておりますのでどうぞお越しください。 お待ちしております。