飯塚病院 救急部

文字サイズ

飯塚病院

学術活動

学術活動

学術活動

   

Macroの臨床

 日々の臨床における患者個々に対する診療は、医学の基礎となります。当センターでは個々の症例に対し十分な討論を行い、研修医の教育、指導に役立てております。しかしながら医師は科学者であり、真の「臨床医」となるためには、科学的な眼による統計学的手法を用いた「Macroの臨床」まで行う必要があると思われます。

「個々の臨床」と「Macroの臨床」を併せて初めて真の「臨床医学」となる

「個々の臨床」と「Macroの臨床」を併せて初めて真の「臨床医学」となる

研究発表(救急部・集中治療部)

 一連の研究結果は、日本救急医学会、日本外傷学会をはじめとする全国学会、または地方会にて発表させていただいており、発表件数は年間40件程度となっております。さらに「救急医学」、「日本集中治療学会雑誌」、「Neurosurgical Emergency」等国内誌への掲載も年間3~5件に上っており、今後も着実な研究、学術活動を積み重ねて行きたいと存じます。

2017年 学会発表

年間発表論文


2016年の学術活動

ページの先頭へ戻る