TOP > 病院・診療科のご案内 > 飯塚病院について > VI(Visual Identity)のコンセプト

VI(Visual Identity)のコンセプト

 飯塚病院はこれまでも、これからも医療界において様々な革新的な取組みを行い、成長し、進化し続けていくフロンティア病院である、というブランドイメージを視覚化したものです。また、病院そのものだけでなく、働くスタッフも成長・進化する、さらに当院が進化していくことにより、地域医療の発展にもつながる、という意味も込めています。
 そのような意味合いが込められたこのVIは「医療サービス」「教育」「グローバル化」の3つの柱から成り立っています。最高度の医療の質を追求する、その質の向上に不可欠な教育を実施する、それらの発展のために海外も含め様々なネットワークを作り活用していく、そしてこれらの相乗効果により革新・進化を生み出していく、というコンセプトです。

様々な見え方をするロゴマーク

様々な見え方をするロゴマーク3つの柱それぞれにカラーが設定されています。そしてVIデザインは3本の柱にも見え、飯塚病院のイニシャルにも見え、人から人へものを渡していく様子にも見え、その一つ一つにメッセージが込められています。

ブランドステートメント

飯塚病院

「innovate and evolve」は、「革新し、そして進化する」ということを意味します。TQMやISO、リーンマネジメントなどによる改善活動や、医工学連携、さらには国内外の医療機関との提携などにより、様々なイノベーションを生み出し、人、組織、地域医療、そして医療界の進化に貢献していく、という思いや姿勢を表しています。