TOP > 病院・診療科のご案内 > 飯塚病院について > 病院沿革・年史

病院沿革・年史

病院沿革「郡民のために良医を招き、治療投薬の万全を図らんとする
(開設~昭和50年代)」
~設立から診療開始、一般開放まで~

 明治末年の筑豊地方には、公的な医療機関はひとつもなく、専門的な診断治療を必要とする患者は、福岡市の大学病院に通う以外ありませんでした。当時は保健衛生思想も普及していないため、伝染病に対する防疫体制もきわめて幼稚なものであり、現に赤痢・コレラが流行するたびに多数の死者が発生していました。また、近代産業の勃興に伴い、結核患者の増加も一つの社会問題となりつつありました。

 このような時代背景の中、現社長の高祖父麻生太吉翁は、筑豊地方に優れた病院を建築し、地域医療と住民の福祉に貢献したいという熱望をもっていました。ちょうどその頃、嘉穂郡会は郡立病院の建築を議決しましたが、多額の建設資金や医療技術者の確保など多くの難問を抱えていました。そこで太吉は、かねての熱望を実現するため、郡に代わって自分が病院を建てる事を郡長及び郡議会に申し出ました。もちろんこの申し出は郡議会に満場一致で受け入れられました。明治41年9月のことでした。

 明治43年早春、病院は竣工しましたが、思いもかけず郡医師会を中心とする開設反対運動が発生しました。その後、立派に完成した病院の門扉も固く閉ざされたまま約10年が経過し、大正7年5月、個人経営であった石炭事業が株式会社麻生商店として新発足したのを機に、同年8月9日より診療を開始しました。

 大正9年9月、飯塚病院と名前を変え、ついに一般市民にも開放されました。以後、当院は「郡民のために良医を招き、治療投薬の万全を図らんとする」(麻生太吉伝)太吉翁の開設の精神に基づき、一貫して地域医療の向上に努め、飯塚市を中心とする筑豊一帯の市民の病院として発展してきました。

 昭和30年代から50年代にかけては、南病棟、中央病棟、東病棟などの建設による増床や診療科の増設が行われ、規模の拡大や病院機能の強化がなされました。

「変革期の3大エポックメイキング(昭和50年代後半~平成10年)」
~救命救急センター開設、医師臨床研修の開始、TQMの導入~

 更に昭和50年代後半から、現在の飯塚病院の代名詞とも言える新たな機能が続々と付加されました。
 当院にとって第1のエポックメイキングとなったのは、昭和57年4月の救命救急センターの開設です。ICU・手術設備を充実させ、循環器科・脳神経外科を新設して、筑豊のメディカルセンターとしての第一歩を歩み出しました。

 第2のエポックメイキングとなったのは、平成元年4月の臨床研修病院の指定でした。同時に卒後研修教育講座を開始し、教育専任医師を充実させて、研修医の幅広い臨床診療能力の習得を目指しています。平成5年10月からはGeorgetown University Medical Center(GTU)と提携し、研修医の派遣を行いました。その他、研修教育関係施設として、日本内科学会教育病院や日本プライマリケア学会認定医研修施設にも指定されています。

 第3のエポックメイキングとしては、平成4年7月のTQM活動の開始です。医療の質とサービスの向上及び経営の改善をテーマに活動しています。その成果を一冊の本として、平成6年10月に「病院におけるTQM活動」を、平成9年11月には「ベストプラクティス」を出版しました。平成10年2月には日本医療機能評価機構の審査を受け、一般病院Bに認定されました。この様な病院の経営改善活動は、医療の質に対する関心を高め、その後、クリティカルパス・EBM(科学的根拠に基づく医療)・ベンチマークへと拡がりを見せています。

「更なる進化と発展(平成11年~)」
~“グローカル”(グローバル&ローカル)な医療活動・改善活動の推進~

病院沿革 平成16年にはハイケア棟が竣工、救命救急センターを東病棟からハイケア棟に移行しました。救命救急センターのアクティビティはより一層高まり、毎年約7,500件の救急搬送受入れを含む、45,000~50,000人ほどの救急患者さんの診療を行っています。平成24年にはドクターカーの運用を開始、「筑豊地域を日本で最も救急医療の進んだ地域にしよう!」というスローガンの実現に向け、救急医療も進化を続けています。また、平成17年には地域医療支援病院に承認され、救急医療のみならず、幅広い領域で地域医療機関のみなさまとの連携のもとに、筑豊地域の医療環境向上に努めています。さらに、同じく平成17年には飯塚病院医療協議会(現飯塚病院住民医療協議会)を、平成22年には地域医療サポーター制度を発足するなど、地域住民のみなさまと共に地域医療を考え、支えていく活動も行っています。

 教育については、以前から交流を続けていたピッツバーグ大学メディカルセンターと平成21年に研修教育契約を正式に締結し、毎月ピッツバーグから指導医を招聘して若手医師の教育や初期・後期研修のカリキュラム整備を行っています。ACGMEの6コンピテンシーズに則った、当院独自の研修カリキュラムを作成、運用しています。長年にわたる研修病院としての実績や「屋根瓦方式」「Shareの精神」など、当院ならではの学ぶ環境が評価されて毎年定員を大きく上回る研修希望をいただいており、平成23年の「医師臨床研修マッチング」中間公表結果では、当院を第一希望とした学生の数は全国の市中病院(大学病院以外の病院)の中で5番目の多さでした。

  医療業界では先駆的に導入したTQMの活動大会も平成23年に20回目を迎え、年に1度の発表会には、全国から500名以上の医療関係者が見学に訪れます。平成13年には九州の医療機関では初めて、全国の医療機関では9番目となるISO14001の認証取得、平成20年には病院全体での取得としては全国最大規模となるISO9001の認証取得を行いました。平成22年には改善推進本部が発足し、バージニアメイソン病院への定期的なスタッフ派遣やlean managementの導入を行うなど、改善手法のバリエーションも広がり、院内では様々な改善活動が行われています。

 今後も、飯塚病院は急性期病院・教育病院として成果を上げていきます。そのために、治療成績向上や医療機能の高度化・効率化を図り、尚且つ医療を取り巻く環境の変化に迅速に対応して参ります。

当院パンフレットのページへ

このページの一番上へ

病院沿革・年史

明治42年3月
病院建設着工
福岡医科大学(現九州大学医学部)三宅 速教授の指導による
(敷地8,290坪、建坪1,350坪)
明治43年4月
病院竣工、病床数120床
大正7年8月9日
診療開始
大正7年9月
看護婦養成所設置、第1期生7名入所
昭和30年3月
本館 竣工
昭和31年10月
精神科病棟 竣工
昭和32年5月
看護婦寄宿舎 第1期工事竣工
昭和33年5月
精神科病棟 増築工事竣工
昭和34年10月
現南病棟 第1期工事竣工(西側)
昭和37年12月
看護婦寄宿舎 第2期工事竣工(東側)
昭和39年6月
現南病棟 第2期工事竣工(東側)
昭和50年4月
中央病棟 竣工
昭和57年3月
東病棟 竣工
昭和57年4月
救命救急センター 開設
昭和63年7月
精神科病棟 竣工移転
昭和63年9月
循環器病センター 開設
平成元年4月
臨床研修病院に指定
平成元年4月
体外衝撃波結石破砕装 置導入
平成元年7月
磁気共鳴画像診断装置(MRI) 導入
平成2年3月
研修医宿舎及び健診棟竣工
平成2年8月
研修センター 開設
平成2年9月
脳神経病センター 開設
平成3年5月
ガンマカメラ(RIスペクト)導入
平成4年4月
漢方診療科 開設
平成4年7月
TQM活動 開始
平成5年2月
救命救急センター 拡充
平成6年9月
X線全身用骨密度測定装置 導入
平成6年10月
新健康管理センター 竣工移転
平成7年6月
高気圧酸素治療装置 導入
平成7年12月
磁気共鳴画像診断装置(MRI)増設
平成8年5月
ふれあいセンター 開設
平成8年10月
心臓カテーテル検査室 増設
平成8年12月
災害拠点病院(地域災害医療センター)に指定
平成9年1月
エネルギーセンター 竣工
平成9年10月
検体検査搬送システム 導入
平成10年5月
(財)日本医療機能評価機構 病院機能評価(一般病院種別B)認定
平成10年6月
内視鏡センター 拡充
平成11年8月
NICU 開設
平成11年9月
中央放射線部にCRシステム 導入
平成12年2月
新看護体系(2:1)に移行
平成12年7月
再建外科 開設
平成12年8月
福岡県地域周産期母子医療センターに指定
平成12年10月
治験管理室 設置
平成12年12月
障害者施設等一般病棟の運営開始
平成13年3月
ISO14001審査登録
平成13年4月
脳卒中センター 開設
平成13年8月
株式会社麻生 飯塚病院へ社名変更
平成14年2月
循環器病センター 新体制
平成14年5月
Stroke Care Unit 5床稼動開始
平成14年8月
地域がん診療拠点病院に指定
平成14年9月
ラボ・ドック 開設
平成14年11月
呼吸器外科 開設
平成15年4月
IVR装置(血管造影装置)導入
平成15年6月
総合リハビリテーションA 取得
平成15年9月
心臓カテーテル装置 導入《シネレス化》
平成15年10月
(財)日本医療機能評価機構 病院機能評価 一般病院 更新
平成16年1月
ハイケア棟竣工
平成16年2月
救命救急センター、高度治療室(HCU)を供用開始
平成16年3月
人工透析センター、がん集学治療センター、外来化学療法室を供用開始
平成16年5月
最新の新放射線治療装置《リニアック》(位置合わせCT設置)を供用開始
平成16年5月
開放型病院に指定
平成16年7月
DPCの試行的 導入開始
平成16年10月
亜急性期病床 稼働開始
平成16年10月
POST ICU/CCU(ハイケアユニット入院医療管理料算定病床)稼働開始
平成16年10月
精神科デイ・ケア 開設
平成17年4月
形成外科 開設
平成17年4月
地域医療支援病院 承認取得
平成17年7月
膠原病・リウマチ内科 開設
平成17年7月
心身合併症センター 開設
平成17年8月
外科系リカバリー室(ハイケアユニット入院医療管理料算定病床)稼動開始
平成17年10月
増設手術室(2室)稼動開始
平成17年12月
グリーン購入大賞 受賞
平成18年8月
一般病棟7:1入院基本料 算定開始
平成18年9月
膠原病センター 開設
平成18年10月
64列型CT 稼動開始
平成18年11月
地域連携ささえあい小児診療 開始
平成18年12月
福岡県介護予防支援センターに指定
平成20年1月
福岡県災害派遣医療チーム(福岡県DMAT)に指定
平成20年7月
ISO9001認証 取得
平成20年12月
「ハイ・サービス日本300選」受賞
平成21年3月
新病床管理システム 稼動
平成21年3月
高規格救急車を導入
平成21年8月
ISO15189認定取得
平成21年10月
ピッツバーグ大学メディカルセンターとの研修教育契約締結調印式
平成22年3月
地域医療サポーター養成講座 開始
平成22年4月
緩和ケア科 開設
平成22年11月
救命救急センターに64列型CTを導入
平成23年4月
北棟テナント棟 竣工
平成23年4月
健康管理センター、「予防医学センター」へ名称変更
平成23年5月
集中治療部 開設
平成23年8月
改善活動ベルト取得者表彰制度 開始
平成23年12月
九州工業大学・飯塚市と医工学連携の協力推進に関する協定締結
平成24年1月
外傷治療部 開設
平成24年2月
臨床腫瘍科 開設
平成24年3月
福岡県防災賞 受賞
平成24年6月
メモリアル・ハーマン病院との交流提携調印式
平成24年8月
ドクターカー 運用開始
平成24年12月
北棟 竣工
平成25年1月
MFICU 稼動開始
平成25年2月
PET-CT 導入
平成25年3月
エルカミノ病院との交流提携調印式
平成25年4月
放射線治療部 開設
平成25年5月
循環器・内科救急病室 稼動開始
平成25年6月
福岡県 児童虐待防止医療ネットワーク事業に係る拠点病院に指定
平成25年6月
外来手術センター 稼動開始
平成25年8月
緩和ケア病棟 運営開始
平成25年10月
呼吸器病センター 開設
平成25年10月
呼吸器腫瘍内科 開設
平成25年10月
呼吸器腫瘍外科 開設
平成25年12月
福岡県総合周産期母子医療センターに指定
平成26年3月
血液浄化センター 開設
平成26年4月
ナショナル ユニバーシティ ホスピタル(シンガポール)との交流提携調印式
平成26年8月
E4救急病床 稼動開始
平成27年8月
人間ドック健診施設機能評価に認定
平成27年10月
肝硬度測定機器フィブロスキャン 導入
平成28年4月
肝胆膵外科 開設
平成28年4月
消化管・内視鏡外科 開設
平成28年4月
リエゾン精神科 開設
平成28年4月
小児センター 開設
平成28年5月
3.0テスラMRI 導入
平成28年4月
「飯塚メディコラボ」プログラム 開始
平成29年4月
ペイン・クリニック科 開設
平成29年6月
心不全ケア科 開設