集中治療部

部長 安達 普至

TEL 0948-22-3800(代表)

  •  
  • facebook
  • ブログ

診療科の特徴

 集中治療部は日本集中治療医学会の認定施設で、ICU11床(特定集中治療室管理料2)が稼動し、内科系・外科系を問わずあらゆる重症患者の集中的治療・集学的全身管理を行う部門です。当院では最重症患者の診療を行う部門として、「病棟で重篤な症状を呈した患者」、「救急患者のうち継続的な集中管理が必要な患者」、「外科手術後に高度な集中管理が必要な患者」などを受け入れています。
 2016年のICU総入室患者は632名で、そのうち419名(66.3%)が緊急入室でした。ICUの平均在室日数は5.5日で、ICU内での死亡は40名(6.3%)でした。ICU専従医として担当各科の主治医と協力しながら(時には主治医となり)、ICUでの診療の質を高めていく努力を行っています。人工呼吸器、IABP、PCPS/ECMO、血液浄化装置等の生命維持・補助装置を要する患者さんが多く、看護師(2対1看護)、薬剤師、臨床工学技士(ME)、理学療法士等と一緒にチーム医療で重症患者の診療を行い、24時間安全な集中治療を提供できるように努力しています。

集中治療部News&Topics

 2016年にはスタッフ1名が「急性血液浄化認定指導者」を取得し、当部が「急性血液浄化認定施設」に承認されました。また、スタッフ1名が「認定クリニカル・トキシコロジスト」を取得しました。
 人工呼吸器以外の生命維持装置の必要な症例が増加しています。11床のICUで最大同時に8台のCRRT機(ベッドサイドコンソール)、4台のECMO(VA・VV)を稼動することが有り重症症例が増えています。また、ICUが満床でやむなく緊急退室せざるを得ない症例も増加しています。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

2016年診療実績

2016年 ICU入室患者

全入室患者数 632名
平均年齢 70.7(0~99)歳
性  別
男性 384名(60.8%)
女性 248名(39.2%)
入院経路
緊急 419名(66.3%)
予定 213名(33.7%)
平均在室日数 5.5日
ICU内死亡 6.33%
各診療科別
心臓血管外科 210名(33.2%)
集中治療部 156名(24.7%)
外科 106名(16.8%)
循環器内科 66名(10.4%)
整形外科 23名(3.6%)
腎臓内科 16名(2.5%)
呼吸器外科 15名(2.4%)
産婦人科 8名(1.3%)
呼吸器内科 6名(0.9%)
小児科 4名(0.6%)
脳神経外科 4名(0.6%)
消化器内科 4名(0.6%)
皮膚科 4名(0.6%)
耳鼻咽喉科 3名(0.5%)
肝臓内科 2名(0.3%)
血液内科 2名(0.3%)
泌尿器科 2名(0.3%)
神経内科 1名(0.2%)