小児科

部長 岡松 由記

TEL 0948-29-8028(外来直通)
FAX 0948-29-8089(外来直通)

小児科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 飯塚病院小児科のミッションは、 We deliver the best for children. ~子どもは未来、すべては子ども達のために~です。平成29年度も福岡県の筑豊地域の中核病院小児科(地域小児科センター)として、地域小児総合医療(4部門3事業)の更なる充実を目指します。以下に外来部門、小児病棟部門、新生児部門、救急部門の4部門、福岡県の委託としての3つの拠点事業(小児等在宅医療連携拠点、児童虐待防止拠点、予防接種拠点)のリーダーと目標(ビジョン&ストラテジー)をお示しします。

4部門の目標

○外来部門(リーダー:大矢崇志)
 小児科と小児外科が統合している『小児センター』の中にあります。開設後1年となり、診療体制も安定して参りました。女性の診察医師が多く華やかな雰囲気の外来です。専門外来(内分泌、循環器、神経、アレルギー、腎臓、新生児)、病児・病後保育室運用のさらなる充実を目指します。

○小児病棟部門(リーダー:向井純平)
 入院患者増の安定供給に向けて、従来の感染症、アレルギー疾患に依存しない入院形態を増やします。検査入院としての喘息評価入院、食物負荷試験、医療評価入院(レスパイト入院)の運営改善他、心身症や児童虐待児などの社会的入院の検討。手術適応のある外科系小児の獲得を目指します。

○新生児(NICU)病棟部門(リーダー:神田 洋)
 総合周産期母子医療センターとして、ハイリスク新生児の在胎週数の見直しの検討。特定妊婦のケア、重症児の在宅移行への退院支援の充実。1ヶ月健診と在宅重症児の発達外来の充実を目指します。

○救急(ER)部門(リーダー:向井純平)
 小児飯塚方式(当院小児科医、家庭医&研修医、地域小児科医参加)による質の高いプライマリー診療を提供します。救急部と協力して近隣救急隊から搬送要請のあった小児は、重症度を問わずすべて受け入れます。高度集中治療が必要な場合は当院で初期対応後久留米大学か九州大学へ搬送します。軽快したときにはバックトランスファーを受け入れる体制を整えます。

3事業の目標

○児童虐待防止拠点事業(AI-CAP)(リーダー:大矢崇志)
 平成27年度よりAI-CAP事務局設置に加え、専従のコーディネーター体制(2名)となり、虐待防止対応が格段に向上。関係機関からの対応依頼事例の急増の対策。飯塚市要保護児童対策地域協議会に参加、患者情報共有のクラウド化。児童相談所との定期意見交換会の実施等を目指します。

○小児在宅医療拠点事業(リーダー:大矢崇志)
 患者家族へまごころの提供としてレスパイト入院(医療評価入院)を行っています。家庭医と連携して地域ネットワークの構築、筑豊管内の社会資源の把握を目指します。

○県予防接種センター(リーダー:岡松由記)
 特に器質性疾患を有する接種要注意者への予防接種をさらに拡充。子宮頸がんワクチンの被害者対策の協力型病院として対応する予定です。

小児科News&Topics

 4月から、久留米大学小児科から岡松由記が新部長に着任いたしました。2016年4月に外来部門にオープンした小児センターでは、小児科・小児外科の外来が統合され、院外・院内から小児患者の紹介受診を受け入れております。北5階病棟では、小児科・小児外科および総合周産期母子医療センターの新生児部門の加えて各科の小児患者も入院しています。ワクチンを含める予防医療の発展とともに急性疾患の入院は減少傾向ですが、在宅医療をしている患者の医療評価目的の入院や、内分泌やアレルギー疾患の負荷試験、MRIなど鎮静を必要とする検査を目的とする入院対応ができるようになりました。何でもご相談ください。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール  専門外来(予約制)

詳細はコチラ

※「入院希望」のご紹介の際は、事前にご連絡をお願いいたします。

このページの一番上へ

2016年診療実績

入院総数1,744人

外来患者数20.263人

救命救急センター受診患者数9,600人

新生児センター入院総数243人

分娩件数578人

紹介件数1,580人