TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > 消化管・内視鏡外科

消化管・内視鏡外科

部長 古賀 聡

TEL 0948-29-8137(外科外来直通)

外科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 当科の発足以来、2年が経過いたしました。当科の特徴はなんといっても腹腔鏡手術でありますが、機器の発展はめざましく、news&topicsでご紹介していますようにロボット支援下手術がとうとう保険収載されました。日々新しい器械とともに技術の向上が不可欠であります。一方で、すでに行っている胸腔鏡や腹腔鏡手術で十分に安全確保ができており、このロボット支援下手術は、適応疾患や進行度でのすみわけが必要となってくるものと思われます。さらに、このような技術の発展に外科医師がついていかなくてはなりません。今後も多くの技術獲得や維持、教育が必要となってくるものと思います。
 また、手術はもちろんのこと、消化管癌の抗癌剤治療も積極的に取り組んでおります。院内では、最も治療例数が多い科となっております。抗癌剤の種類は年々増加し予後は明らかに延長してきており、使い分けや使用方法(期間や次治療への変更時期)など、多くの知識と経験が必要となってまいりました。この分野においても十分な教育が大切になっております。また、結腸・直腸癌の術後補助治療としてのXELOXまたはFOLFOXの治療期間に関する大々的な臨床研究の結果が発表となり、より患者さんにやさしい治療が提供できるようになりました。
 一方、救急疾患での手術も増加傾向です。腹腔鏡手術の技術を最大限に取り入れながら、患者さんにより低侵襲な手術を提供できるよう工夫を行っております。
 この一年あるいはこれからの一年も医療の進歩はめざましく、目を見張るものがあります。今後も最新かつ安全な治療を提供し続けたいと存じます。引き続き、内視鏡手術や開腹手術、抗癌剤治療、集学的治療を安全・確実に行っていくために、チーム医療を通じてレベルアップと底上げを進めていきたいと思います。

消化管・内視鏡外科News&Topics

 内視鏡外科領域での最も世間を騒がすnewsとして、2018年度診療報酬改定でロボット支援下内視鏡手術が認められたことです。当科に関わる手術は、食道悪性腫瘍手術、胃切除術、噴門側胃切除術、胃全摘術、直腸切除・切断術の5項目です。実際、使用できるロボットは Da Vinci ®が唯一の支援装置ですが、費用、運用、取り扱いのほか、十分な経験や技術が必要です。当院では、そのためのチームを立ち上げ、環境整備のための活動を行っております。また、腹腔鏡手術機器として、4K画素数のカメラ+モニターが近々導入できることとなりました。圧倒的な画質で、今まで以上に繊細な手術が可能となります。
 一方で、抗癌剤として、胃癌で血管新生阻害剤サイラムザ®や免疫チェックポイント阻害剤オプジーボ®の効果が認められ、使用可能となり、結腸直腸癌では右結腸左結腸での抗癌剤治療効果の違いなど新たな治療戦略が解明されつつあります。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ