総合診療科

診療科の特徴

1. 総合診療科の中に、2つの診療グループが存在しています。
  • 飯塚病院内での診療を中心とする病院総合内科グループ
  • 頴田病院を診療の本拠地にしている家庭医療グループ
2. 病院総合内科グループの主たる診療場所
  • 一般病棟(急性期内科診療、年間2,000名以上の方を担当)
  • HCU、救急病床
  • 総合診療外来(内科新患・再診担当、毎日20~30名以上の新患を担当)
  • 救急外来(内科Walk In外来、救急車担当、当直時間帯のみ)
3. 家庭医療グループの主たる診療場所
  • 頴田病院(小児・成人へのプライマリケア診療)
  • 在宅診療(在宅緩和ケアも含む、頴田病院在宅医療・介護連携支援室)
  • 乳幼児検診
  • 救急外来(小児科Walk In外来、救急車担当、当直時間帯のみ)
4. このような総合診療を行う医師に対して、地域医療の必要性が高まってきています。
  • 当科は、このような専門医を育成する使命を担っています。
  • 認定された教育プログラムに沿って、専門医を輩出しています。
5. 海外の総合診療を担う機関との交流を深めています。
  • ピッツバーグ大学家庭医療部
6. 積極的に国際学会で発表しています。
  • WONCA(国際家庭医療学会)
  • Society of Hospital Medicine(米国病院総合医学会)
  • Society of General Internal Medicine(米国総合内科学会)

総合診療科News&Topics

  1. 新たに3名がスタッフ医師になりました。
  2. 新たに専攻医を迎えました。
    4名は新/総合診療コースを専攻しています。
    11名は新/内科(総合診療科)コースを専攻しています。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はコチラ

 初診外来患者数が多い場合は、スタッフ医師もしくは後期研修医が応援で追加担当します。

このページの一番上へ

2017年診療実績

外来初診における頻度の高い主訴
順位 コード 件数
1 A03 発熱 621
2 B29 血液と免疫機能の症状/愁訴 435
3 N01 頭痛 417
4 D06 その他の限局性腹痛 361
5 N17 めまい/めまい感 358
6 A04 全身脱力/倦怠感 321
7 D09 嘔気 258
8 L14 下腿/大腿部の症状/愁訴 228
9 R05 咳 223
10 L04 胸部の症状/愁訴 215
11 D29 消化器のその他の症状/愁訴 208
12 N06 その他の知覚障害 199
13 A29 全身症状/愁訴、その他 194
14 R21 咽頭の症状/愁訴 190
15 T03 食欲不振 187
16 D11 下痢 171
17 L03 腰部の症状/愁訴 161
18 A08 腫脹 156
19 D02 心窩部痛 154
20 D10 嘔吐 152

2017年1月~12月
外来初診患者 延べ人数 4,147人

入院・最終診断名
順位 病名 件数
1 誤嚥性肺炎 357
2 本態性高血圧 332
3 尿路感染症 256
4 インスリン非依存型糖尿病(合併症を伴わない) 213
5 低ナトリウム血症 185
6 敗血症性ショック 141
7 慢性腎不全(非透析状態) 115
8 心房細動 114
9 腎障害、詳細不明 113
10 低カリウム血症 93
11 詳細不明の認知症 87
12 急性腎盂腎炎 74
13 正球性血色素性貧血 61
14 アルツハイマー病詳細不明 57
15 蜂窩織炎(四肢・足部・肩・股関節)    51
16 急性膵炎 48
17 その他の明示された血液学的異常所見 46
18 肺炎(病原体不明) 30
19 発熱 25
20 急性腎不全、詳細不明 23

2017年1月~12月
入院患者延べ数 2,629人