TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > 心臓血管外科

心臓血管外科

部長 内田 孝之

TEL 0948-29-8024(外来直通)

心臓血管外科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 当科での治療症例は、[1]弁膜症、虚血性心臓病を中心とした心臓外科領域、[2]胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、急性大動脈解離を中心とした大血管領域、[3]四肢末梢の閉塞性動脈硬化症、動脈瘤、静脈瘤といった末梢血管外科、[4]さらにペースメーカ、植え込み型除細動器植え込み、心房細動に対するメイズ手術といった不整脈外科まで心臓血管外科全般にわたっています。
 さらに、救命救急センターの活躍、地域性から緊急症例の割合が高いこと、高齢、ハイリスク症例が多いことも特徴ですが、心臓血管外科専門医2名を含めた当科専任スタッフのみならず院内各方面からの応援のもと、24時間緊急対応体制で治療にあたっています。
 なお、外来は原則的に完全予約制ですが、外来の予約、問い合わせに関しては、弾性ストッキングコンダクター等の資格、心臓大血管外科全般に専門知識を有する福村看護師がコーディネーターとして、電話予約、相談を受け付けております。まずはお気軽にご相談ください。

特色

1.高齢、ハイリスクな大動脈疾患症例の治療成績向上への取り組み

 当科手術症例の高齢化、ハイリスク化は特に大血管症例において顕著に進行しています。これに対し、既存の手技改良に加え、低侵襲である大動脈ステント治療法を導入し、著しい肺機能、心機能低下症例、などでも手術適応が拡大しています。制度化されたステント実施認定施設制度についても胸部腹部とも認定施設資格、指導医資格を取得、本邦で使用可能な全てのデバイスの使用資格を取得しております。2015年より『大動脈疾患治療センター』を併設し、治療レベル、ご紹介アクセスの向上に努めております。さらに2016年からハイブリッド手術室も着工予定で更に低侵襲な大動脈、弁膜症治療の導入を計画中です。

2.弁膜症の術式改良、治療成績向上

 近年の弁膜症外科治療は早期化の流れにあります。しかしその際にその施設での治療実績を加味しての手術適応決定が行われるようになっております。当科でもこの流れに沿って、僧帽弁閉鎖不全症での形成率向上、低侵襲化を達成すべく術式の研鑽改良に努めています。

3.手術症例へのチーム医療の徹底

 当科手術症例の高齢化、ハイリスク化に対応するもう一つの取り組みとして手術全症例に入院時より医師・看護師はじめ理学療法士、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーと全ての職種が参加したチーム医療を行っています。手術治療そのものに加え、術後超早期からの365日リハビリ、入院中の栄養服薬指導、退院後の生活支援等、早期回復、復帰へ向けたあらゆる方面からの治療支援をチームとして有機的総合的に実施しています。

4.安全な専門外来診療の構築

 当科の外来診療において、適切なトリアージ、ドロップアウト防止は患者さんの生命予後を大きく向上させます。
 現在、当科外来では待ち時間0、新患受診前の急変0を目指した、トリアージに基づく電話予約システム、100%フォローを目指した心臓ペースメーカ専門外来システムの維持改善に取り組んでいます。専任看護師が各ガイドラインへの習熟、患者状態把握の上での予約マネージメントを行うと同時に、ペースメーカ外来では電話での再来案内で100%フォローを行っています。またペースメーカ外来に関しては院内臨床工学技士の全面協力も非常に重要です。今後もコメディカルまでが一丸となり、患者安全度の向上をさらに進めていきたいと思います。

5.地域連携の推進と早期発見

 現在、当科には院内外から多くの患者さんをご紹介いただいています。
 当科は完全予約制ですが、科の特性上、緊急度の高い患者さんは期を逸さない対応も必要と考えます。このため専門看護師(福村)の協力のもと、各方面からの問い合わせに関しては平日9時から17時は外来専門看護師、夜間休日は当科当直医師、と受付窓口の明確化、一本化を図り、365日24時間速やかな対応を心がけています。
 さらに待機例と破裂急患例で手術成績の著しく異なる大動脈瘤をいかに早期に見つけ治療するか、2016年の大動脈疾患治療センター開設を機にこの課題に対して更に積極的に挑戦していきたいと思います。
 今後も、院内外の各方面との交流を深め、心臓手術、大動脈瘤に関して安全な治療が提供される地域作りを目指していきたいと思っています。

一人の人間として患者さんに接し、よりよい人生となるための医療を提供する、それは時には最先端の高度医療かもしれませんが、時にはひとつの言葉かもしれません。マニュアルを超えて、画一的でない、患者さん一人一人に合わせた最適な治療の提供を目指して日々勉強を重ね、技を磨く。そんな心臓血管外科チームであり続けたいと思います。よろしくお願いいたします。

心臓血管外科News&Topics

  1. 2006年から行ってまいりました大動脈瘤のステント治療は現在通算400例以上となりました。胸部、腹部の各種デバイスの進歩もあり、これまで適応外とされていた症例の一部にも治療が可能となりました。さらに念願のハイブリッド手術室も2016年に着工となり、これにより更に複雑な手技も可能となります。
  2. 大動脈疾患へ、さらに積極的に治療を進めると共に、周辺医療機関等からのアクセスの改善を目指し、2015年から『大動脈疾患治療センター』を併設いたしました。今後とも、総力をあげて大動脈疾患の早期発見、治療成績の向上に努めたいと思います。
  3. 弁膜症治療、特に僧帽弁疾患では、極力自分の弁を温存する弁形成術を目指し、また心房細動合併症例では積極的に不整脈手術も併施することで術後のQOLの向上を目指しています。
  4. 心臓のバイパス手術においても不整脈、弁膜症併存症例は積極的に合併手術を行い、さらに術中の超音波検査、ICG注入などによるグラフト評価を行い、長期成績、予後の改善を目指しています。
  5. 致死性不整脈に対する植込型除細動器(ICD)に関して、心臓へのリード線の植え込みが不要で、長期的に、リード合併症の少ない皮下植込み型ICDの施設認定を取得、5月より植え込みを開始致しました。適応など術前の診察、準備が必要ですが、詳しくは当科外来へお尋ねください。
  6. 手術症例に対する徹底したチーム医療を実践しています。医師を中心に看護師、理学療法士、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーが一体となって心臓外科手術治療チームを結成、総合的、有機的な周術期治療を行っています。
  7. 外来での待ち時間0、また安心してもらえる患者さんへの対応を目指し、専門の看護師による適切なトリアージ、電話予約、電話相談を行い、真の患者サービス、安全性の向上に務めています。
  8. 保険診療適応となった下肢静脈瘤レーザー治療、日帰り手術ですが、2015年度より適応症例が広がり術後の痛みの少ない最新機種を導入しています。詳しくは当科外来へお尋ね下さい。

 まずは安全に、その上でなるべく低侵襲に、そして質を向上し、治療の可能性を拡大するという基本姿勢を変えず、今後も努力を続けていきたいと思います。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール(完全予約制)

詳細はコチラ

※初診時には原則として紹介状が必要です。

このページの一番上へ

2015年診療実績

総計 467例

  • 虚血性心臓病(単独) 20(内左室瘤 1、心室中隔穿孔 2)
  • 弁膜症 43(A 23、M 28、T 10、+Mz 11、+CABG 8)、その他の開心術 2
  • 胸部大動脈瘤 58 (内大動脈ステント 31)
  • 腹部大動脈瘤 59 (内大動脈ステント 50)
  • 大動脈ステント追加治療 5(内4例は血管内治療)
  • その他の血管内治療 2
  • 末梢動脈瘤 12、血栓除去 9(上肢 4、下肢 5)
  • ASOバイパス または 大腿動脈形成術 14
  • 下肢静脈瘤 90(内レーザー 84、日帰り 77)
  • ペースメーカ 85(新規 70、交換 15)、ICD 17(新規 15、交換 2)、CRT 15
  • その他 36