TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > 心不全ケア科

心不全ケア科

部長 今村 義浩

TEL 0948-29-8036(外来直通)

診療科の特徴

 循環器内科の中で慢性心不全の管理と緩和ケアを主に行う部署として、活動しています。患者さんの教育や外来心臓リハビリテーションの充実、睡眠時無呼吸症候群治療の促進を通じた再入院の予防への取り組みを行うとともに、緩和ケアの導入も行っています。患者教育については、薬剤師やリハビリPTを含む多職種からなるチームで、入院患者さんのみならず外来患者さんへも心臓病教室を行い、再入院の予防に貢献しています。緩和ケアについては、上記HSTを中心に活動し、多面的に患者さんを評価し、治療を含む介入を行っています。厚生労働省の診療加算では、主に終末医療がその対象となっていますが、当院のHSTでは、終末期に関わらず、患者さんのケアを基により早期からの介入を行っています。ただし、緩和ケアの導入は、社会的要因、例えば高齢、認知症、老老介護などが、阻害要因として存在しそれらへの対応が必要であり、今後の課題です。今後も、多様なバックグラウンドを持つ患者さんに対して患者さんの人生観を考慮し包括的に考えながら、心不全治療を行っていきたいと思っております。
 将来的には、地域の医師の先生方とも協力し、地域医療に心不全緩和医療の考えを浸透させ、「心不全を地域で診る、地域で看取る」といった活動へ広げられれば良いかと考えています。今後もより一層、皆様のご支援をお願いいたします。

心不全ケア科News&Topics

  1. 循環器内科(心不全ケア科)医師、緩和ケア科医師、慢性疾患看護専門看護師並びに精神科リエゾン看護師から構成されるHST(ハートサポートチーム)を作り、終末期の心不全患者さんを中心に後方支援や直接介入を開始しました。心不全に伴う身体的症状だけでなく、精神的苦痛軽減へも治療介入を行っています。2017年度だけでも、約40症例に介入を行いました。
  2. 毎週月曜日に、外来並びに病棟の看護師と心不全カンファレンスを行い、患者さんの病状だけでなく生き方を含めて広く情報交換を行い、患者さんのニーズを取り入れるようにしました。主治医と看護師の風通し良くすることで、緩和医療の必要な患者さんに、より早期からの導入が期待されます。カンファレンスの内容は、ソーシャルワーカーを含む多職種カンファレンスでも検討し、重症患者さんでも転院だけでなく在宅医療の導入を検討する等、出来るだけ患者さんのご希望に添えるように幅広く検討するようにしています。
  3. 患者さんへの疾患理解のために、心臓病教室(医師、栄養士、薬剤師、リハビリテーション部、各項目40分程度)の対象を、外来患者さんへも広げました。毎週火曜日に、各項目を一つ行い、1ヶ月で全項目が履修できる内容になっています。
  4. 2018年4月から、心不全の緩和医療へも緩和ケア診療加算がつくようになり、上記活動をより充実させるよう活動の幅を広げております。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ