TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

部長 中松 耕治

TEL 0948-29-8030(外来直通)

歯科口腔外科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 当科は地域中核病院における歯科の特色を生かすために、入院や手術を中心とした口腔外科診療を行っています。健常者のう蝕治療や義歯作製は近医紹介としています。

1)顔面外傷
交通外傷などによる顔面外傷(上・下顎骨骨折など)に対して、形成外科など関連科と協力しながらチタンプレートによる整復を行っています。
2)口腔腫瘍
口腔の良・悪性腫瘍の治療を行っています。口は咀嚼、嚥下、発音など重要な機能を持つため、口腔癌の治療に際しては術後の機能障害を減少させるよう努力しています。
3)人工歯根(デンタルインプラント)
歯を失った部分にチタン製人工歯根を埋め込み、咬合を回復する治療法です。骨の厚みや高さが足りない場合は、自家骨や人工骨を移植します。当科のインプラント治療は非常に高い成功率が得られており「何でもかめるようになった!」と好評です。
4)口腔粘膜疾患
難治性口内炎、扁平苔癬、前癌病変である白板症など多彩な口腔粘膜疾患の治療を行っています。
5)ドライマウス(口腔乾燥症)
シェーグレン症候群疑いの患者さんの生検や、確定診断後のセビメリンやピロカルピンの投薬を行っています。ドライマウスがあるとう蝕や歯周病が重症化しやすいため継続的なケアが必要になります。
6)有病者の歯科治療
一般の開業歯科医院では対応が困難な、全身疾患を持った方の歯科治療を行っています(出血が止まりにくい薬を内服中の方の抜歯など)。障がい者や小児の全麻歯科治療にも積極的に取り組んでいます。
7)禁煙支援
タバコは癌、心疾患はじめさまざまな疾患の引き金となりますので、外来・入院患者さんに対して禁煙支援を積極的に行っています。当院は敷地内禁煙となっており、職員はもちろん外来、入院の患者さん、お見舞いの方などすべての方に敷地内での喫煙をご遠慮願っております。
8)摂食嚥下治療
リハビリテーション科と協力し、「口から食べる」サポートをするために摂食嚥下機能検査、舌圧測定、舌接触補助床(PAP)作成などを行っています。

歯科口腔外科News&Topics

 癌の周術期や化学療法時に口腔内の清潔・保湿を維持することで、合併症を減少させることができます。また細菌が混入した唾液を誤嚥することは誤嚥性肺炎の大きな原因となるため、口腔ケアが非常に重要です。口腔ケア供給体制の拡充をすべく、他科からの口腔ケア依頼を電子カルテで簡便にできるシステムを作りました。ここ2年間で癌周術期口腔ケアの依頼件数は272→462件/年となり、それ以外の口腔ケア実施件数も980→2,728件/年と大幅にアップしました。そのため、2017年度は歯科衛生士を1名増員し、6名体制とすることができました。誤嚥性肺炎に絞った多職種による病棟ラウンドも行っています(歯科医師・歯科衛生士・リハ医・嚥下専門看護師・ST・PT・栄養士)。誤嚥性肺炎の早期回復・再発防止に寄与できればと思っています。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

専門外来

●インプラント外来(中松):毎日受付、予約不要。

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はこちら

このページの一番上へ

2016年診療実績

手術症例
手術症例 件数
外傷 15
嚢胞(含歯性嚢胞、歯根嚢胞等) 24
炎症(顎骨周囲炎、下顎骨骨髄炎等) 16
悪性腫瘍 5
良性腫瘍 14
インプラント埋入 9
骨整形・サイナスリフト 7
顎関節疾患 7
唾液腺 2
抜歯(正中埋伏過剰歯、埋伏智歯等) 58
全麻/静脈鎮静下歯科治療 16
その他 5
178