TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > リエゾン精神科

リエゾン精神科

部長 光安 博志

TEL 0948-29-8031(外来直通)

診療科の特徴

 当科は、一般病棟での精神症状の相談に応じるコンサルテーション・リエゾン活動、心身合併症センター(西3階病棟)の入院患者さんの精神疾患の診療、および、精神科病棟(西1階)での急性期の精神疾患の診療を行っております。
 入院中に身体疾患の治療、管理に支障を及ぼす精神症状を抱えた患者さんに対しては、精神科リエゾンチームとを中心として対応しています。同チームでは、精神科医をはじめ、リエゾン看護師、臨床心理士、作業療法士、薬剤師、精神科ソーシャルワーカー(PSW)などの多職種がそれぞれの専門の能力を発揮して共同で取り組んでいます。
 心身合併症センターは、身体疾患と精神症状を合併しているため治療・管理が困難な患者さんについて、身体管理を担う身体科の主治医と、精神症状の管理を担う精神科医が共同で治療にあたっています。
 精神科病棟では、身体疾患の合併がない精神疾患も含めてご紹介に応じておりますが、施設の構造上ADLが低下している患者さんは入院受け入れができません。また、アルコール、シンナー、その他の薬物の依存症の治療は専門的なプログラムを実施していないため、受け入れておりませんので、適切な専門病院へご紹介しております。
 外来診療は、院内の身体科に通院中で精神医学的問題を生じている患者さんを外来リエゾン(予約制)として診療しております。また、外来デイケア活動は継続しており、他院精神科受診中の方でも精神科リハビリテーション目的の利用者を随時受け入れております。
 精神科医は常勤医4名、非常勤医3名の体制です。コメディカル・スタッフは、看護師以外には、PSW、作業療法士、および臨床心理士の協力を得ることができます。
 このように当科は特に筑豊地域の身体合併症のある精神疾患の診療を中心として地域医療に貢献したいと考えています。

リエゾン精神科News&Topics

 平成29年4月1日より飯塚病院の精神神経科はリエゾン精神科と名称を変更いたしました。院内全体の入院患者さんのコンサルテーション・リエゾン活動である「心身合併症センター」および「精神科リエゾンチーム」の診療を中心といたしますが、従来の精神科病棟(西1階)での入院診療および外来デイケアは継続して診療を行って参ります。引き続き総合病院における精神科入院治療の場として、筑豊地域の精神と身体の問題を抱えた患者さんの診療に貢献したいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール(予約制)

詳細はコチラ

※初診時には原則として紹介状が必要です。

このページの一番上へ

精神科デイケアセンター「エスポワール」

 飯塚病院のリエゾン精神科では、入院および外来リエゾン活動を多く行っていますが、退院後や外来通院での患者さんの社会復帰の支援活動としては、訪問看護や作業療法に加えて、精神科デイケアでのリハビリテーションも行っています。
 精神疾患では、精神症状の問題だけではなく身体機能や認知機能も低下しているため、地域での生活に支障をきたす場合がしばしばあります。また、通院中断などにより、再び悪化する事も少なくありません。当院では、規則的な生活リズムの確立、生活自立の支援、適応力の向上、病状の安定化と維持、社会技能の獲得、対人関係スキルの向上、社会生活機能の回復などを目的とした精神科デイケア「エスポワール」を開設しています。
 総合病院のデイケアとして地域との連携、役割文化などを考慮し、プログラムは多種多様に準備しており、患者さんの状態、適応能力、個別の目標に合わせて実施日数やプログラムを選択できます。
 プログラムの内容としては、WRAP(元気回復行動プラン)やSCIT(社会認知ならびに対人関係トレーニング)、SST(生活技能訓練)、認知行動療法、リラクゼーションなどを行っています。
 特に神経症やうつ、発達障がいなどの患者さんを対象に認知行動療法やリカバリー思考の心理教育プログラムなどを通して社会復帰支援やリラクゼーションやストレスケア、基礎体力の向上などを目的としたプログラムを提供しています。また、より回復を目指す「就労」を目標としたプログラム(リワーク)も利用できます。
 「エスポワール」は他院にかかりつけの方でも並行して当院デイケアのみの利用が可能です。ご紹介したい患者さんがいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

このページの一番上へ

2016年診療実績

2016年4月~12月 院内コンサルテーション・リエゾンの新規患者数内訳

1)依頼診療科別

依頼診療料 新患数
総合診療科 164
外 科 50
整形外科 39
呼吸器内科 25
循環器内科 21
消化器内科 19
神経内科 17
産 科 14
脳神経外科 13
呼吸器外科 9
血液内科 9
緩和ケア科 7
心臓血管外科 7
腎臓内科 6
形成外科 5
集中治療部 5
婦人科 3
肝臓内科 3
膠原病・リウマチ内科 2
内分泌・糖尿病内科 2
小児科 2
漢方診療科 1
耳鼻咽喉科 1
泌尿器科 1
皮膚科 1
総計 426

2)身体疾患診断別

身体疾患(ICD) 新患数
C 新生物 70
I 循環器系 48
X 自殺関連 46
K 消化器系 44
S 損傷 40
J 呼吸器系 29
R 症状 25
E 内分泌 25
G 神経系 16
N 尿路性器系 16
O 妊娠 14
M 筋骨格系 13
F 精神 11
A 感染症 10
L 皮膚 6
T 中毒 5
D 血液 5
H 眼、耳 1
Z 健康状態 1
B 感染症 1
総計 426

3)精神医学的診断別

精神疾患(ICD) 新患数
F0 器質性 231
F1 精神作用物質 14
F2 統合失調症 32
F3 気分障害 37
F4 神経症性障害 57
F5 生理的障害 8
F6 人格障害 2
F7 知的障害 11
F8 心理的発達の障害 1
F9 小児期 1
G2 錐体外路障害 2
G4 てんかん 17
R4 認識、知覚、情緒 1
なし 10
不明 2
総計 426
2016年1月~12月 入院患者疾患別内訳
病名 総数 急患 在科日数
(平均)
年齢
(平均)
統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害 36 29 6 30 827.5 56.4
統合失調症 32 25 6 26 838.9 55.8
統合失調感情障害 2 2 0 2 83.0 57.0
その他 1 1 0 1 2,515.0 67.0
妄想性障害 1 1 0 1 264.0 65.0
気分障害 20 16 9 11 219.7 62.7
うつ病 14 11 5 9 205.9 65.4
双極性感情障害 6 5 4 2 252.0 56.3
症状性を含む器質性精神障害 8 6 3 5 298.0 71.4
器質性精神障害 4 3 1 3 27.8 76.0
アルツハイマー型認知症 1 1 0 1 55.0 80.0
せん妄 1 1 1 0 23.0 68.0
てんかん性精神病 1 1 1 0 211.0 42.0
その他の認知症 1 0 0 1 1,984.0 77.0
神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害 4 4 1 3 40.5 49.8
不安障害 2 2 0 2 52.5 62.5
その他 1 1 0 1 56.0 47.0
急性ストレス反応 1 1 1 0 1.0 27.0
精神作用物質使用による精神および行動の障害 4 3 1 3 58.0 58.3
アルコール依存症 4 3 1 3 58.0 58.3
精神遅滞 1 1 1 0 143.0 65.0
境界型人格障害 1 1 0 1 91.0 51.0
その他 3 2 1 2 94.0 63.3
その他 1 1 0 1 40.0 40.0
レビ-小体病 1 1 0 1 115.0 83.0
限局性脳萎縮 1 0 1 0 127.0 67.0
総計 77 62 22 55 486.7 59.7