整形外科

部長 原 俊彦

TEL 0948-22-3800(内線:5208/5213)

整形外科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 当科は筑豊地域の基幹病院として、整形外科医10人で日夜診療にあたっており、救急外傷にも変性疾患にも対処しています。平成27年の年間手術件数は1,317件です。
 当院には救急救命センターが設けられているため、救急外傷の重症例が多く搬送されますが、関係各科と協力して対処しております。また、必要があれば当日に手術を行っております。
 高齢者の大腿骨頚部骨折に対しては平成12年よりなるべく搬送されてから24時間以内に手術をする様に努めており、術後早期に理学療法士の指導の下に早期歩行訓練を開始しています。
 変性疾患では特に股関節・膝関節に対する手術を積極的に行っており、人工関節置換術、骨切り術、鏡視下手術などを行っています。人工関節手術においては、設置精度を向上させ、侵襲を少なくするよう心掛けています。また、平成28年から新たに寛骨臼移動術、大腿骨頭回転骨切り術、内反骨切り術、外反骨切り術、キアリー骨盤骨切り術などの股関節関節温存術を積極的に行い、症例を集める所存です。
 この筑豊地域は高齢化が著しく、高齢者が如何に自立して生活できる社会にするかが問題です。高齢者は合併症が多いため、当院は総合病院としての利点を生かし各科と連携して安全に手術を行えるよう心がけます。
 今後ともよろしくお願いいたします。

整形外科News&Topics

  1. 平成27年度をもって部長の白石浩一が退職し、原俊彦が後任として着任いたしました。その他、堀田謙介、塩本喬平、堀田忠裕が退職し、佐藤太志、川原慎也、牛島貴宏、春田陽平、柴原啓吾が着任しました。7月末をもって城野修が退職予定となっております。大幅にスタッフが変わりますが、これまでと同様きめ細かい診療を心がけたいと存じます。
  2. これまでの診療形態に加え、股関節の関節温存術(骨切り術)を積極的に行っていく予定です。股関節疾患症例のご紹介よろしくお願いいたします。
  3. 紹介症例報告会、症例検討会を開催しております。ご紹介頂いた患者さんのご報告、診療に難渋している患者さんの検討、トピックスの話題提供などを行って居ります。平成28年度も年3回を予定しております。是非気軽にご参加ください。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はこちら

※初診時には原則として紹介状が必要です。

このページの一番上へ

2015年診療実績

  当科分類 平成27年 平成26年 平成25年 平成24年
1 頚部骨折-骨接合 156 141 135 109
2 人工骨頭 60 69 60 65
3 人工膝関節置換術 118 143 107 126
4 人工股関節/その他の人工関節 42 50 49 45
5 関節鏡視下手術 73 55 64 46
6 脊椎手術 3 6 6 4
7 手の外科(顆部以下の骨折含む) 472 445 406 408
8 骨折・脱臼 206 201 204 192
9 抜釘 90 90 66 67
10 関節形成術(骨切り他) 36 42 35 24
11 切断 6 11 12 7
12 骨・軟部腫瘍 11 11 9 13
13 外傷(その他)アキレス腱含む 19 21 22 15
14 関節外科(その他) 7 1 5 8
15 神経・骨軟部組織 2 1 7 35
16 その他 16 12 17 6
  合計 1,317 1,299 1,204 1,170
  内急患手術 370 348 287 245