産婦人科

部長 辻岡 寛

TEL 0948-22-3800(代表)

産婦人科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 産婦人科は、妊娠分娩を対象とする周産期領域、婦人科腫瘍(良性、悪性)を対象とする婦人科腫瘍領域、不妊症や内分泌異常を対象とする不妊内分泌領域の3つの領域に分かれていて、常勤スタッフ12名で、一般外来、分娩及び手術を中心に、救急外来、ハイリスク母体搬送受入れ、緊急手術に24時間体制で対応しています。病床数 60床、年間分娩数 約600例、年間手術症例 約800例と、県内の大学病院に匹敵する症例数を誇っています。また、日本産科婦人科学会、日本婦人科腫瘍学会、日本周産期・新生児医学会、日本産科婦人科内視鏡学会の各学会より専門医・認定医の修練施設としての認定を受けており、名実ともに筑豊地域の基幹病院としての役割を担っています。
 周産期領域においては、福岡県総合周産期母子医療センターに指定され、ハイリスク妊娠の管理、胎児異常の診断、流早産治療などに積極的に取り組み、専門外来としてのハイリスク妊婦超音波外来にて、先天異常スクリーニングや胎児評価、循環動態の評価を行っています。また、帝王切開時や異常分娩時には新生児専門医の立ち会いのもと新生児管理を行っています。
 婦人科腫瘍領域では、子宮筋腫や良性卵巣嚢腫などの良性腫瘍には子宮鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れ、子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍に対しては手術療法、抗癌化学療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療を行い良好な治療成績が得られています。また、新しく保険適応となった腹腔鏡下子宮体癌手術を施行可能な数少ない病院として、認定されています。
 不妊内分泌領域では、不妊症一般検査や腹腔鏡検査のもとに午後の専門外来にて不妊治療を行い、子宮内膜症や習慣流産の治療にも取り組んでいます。

産婦人科News&Topics

 産婦人科領域では新専門医制度の整備が進んでおり、当科も無事に専門研修プログラム基幹施設の認定を受けることとなりました。研修基幹施設は旧制度の450施設から122施設にまで厳選され、大学病院以外では福岡県で当院のみ、九州内でも当院を含む5施設にとどまっています。今後は非大学の研修施設として、その特徴を活かしながら臨床・教育・研究に取り組んでいく所存です。
 平成28年より、当院での初期研修を修了した医師1名が専攻医としてメンバーに加わりました。また他施設から3名の産婦人科専門医がサブスペシャリティーを目指して入職しています。研修施設としての充実が人員拡充につながっているものと自負しております。人員の増員に伴い、外来枠・手術枠も増やすことが出来ました。結果として外来待ち時間・手術待ち時間の短縮につながっています。母体搬送・急患依頼を断らないという当科の基本方針はマンパワーがあってこそです。今後も人材確保に努めてまいります。

(産婦人科部長 辻岡 寛)

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

専門外来

【ハイリスク妊婦超音波外来】

 妊娠中の超音波検査は『よりよい赤ちゃん』を得るためには、なくてはならない検査であることは明白でありますが、通常の妊婦健診においては多忙なため短時間の超音波検査の時間しか取れず、専門外来としてのハイリスク妊婦超音波外来にて、先天異常スクリーニングや胎児評価、循環動態の評価を行っています。

【不妊外来】第1、3、5金曜日午後

 当院では、不妊原因に応じた正確な診断、適切な治療を心がけています。基礎体温測定、子宮卵管造影、ホルモン測定、超音波検査、精液検査などの基本的な検査を行い、不妊原因を調べます。女性側の原因として、排卵障害の方にはホルモン療法(クロミフェン療法、HMG‐HCG療法など)や、漢方療法を行います。超音波検査で子宮の内腔に異常が認められ(粘膜下筋腫、ポリープなど)着床の障害と考えられる場合には、子宮鏡で検査・治療を行います。また、子宮卵管造影で卵管の通過障害を疑う場合、子宮内膜症の場合には腹腔鏡を行い卵管周囲の癒着の剥離や、一般不妊治療で妊娠可能かどうかの判断を行います。

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はコチラ

このページの一番上へ

2016年診療実績

産婦人科外来初診統計
疾患
産科 659
婦人科 1,872
不妊・内分泌 159
2,690

領域別外来患者数

婦人科初診統計
疾患
子宮頚癌 35
子宮体癌 79
卵巣癌 21
腹膜癌 2
その他の癌 10
子宮頚部異形成 194
子宮筋腫 311
子宮腺筋症 29
卵巣腫瘍 214
子宮内膜症 22
骨盤内臓器脱 47
異所性妊娠 8
卵巣出血 9
子宮頚管ポリープ 42
子宮内膜ポリープ 38
子宮内膜増殖症 5
PID 39
STD 32
癌検診目的 410
その他 325
1,872
婦人科疾患別外来患者数
婦人科入院統計
疾患
子宮頚癌 69
子宮体癌 108
卵巣癌 167
腹膜癌 29
その他の癌 22
子宮頚部異形成 33
子宮筋腫 104
子宮腺筋症 13
卵巣腫瘍 109
子宮内膜症 14
骨盤内臓器脱 9
異所性妊娠 9
子宮頚管ポリープ 4
子宮内膜ポリープ 27
子宮内膜増殖症 4
月経異常 7
PID 8
STD 3
流産・中絶(妊娠12周未満) 58
その他 69
866
婦人科疾患別入院患者数
産科入院統計
疾患
陣発 破水 258
切迫早流産 167
管理入院 202
既往帝切 74
流産・中絶(妊娠12週以降) 13
羊水検査 13
妊娠悪阻 21
頚管無力症 5
その他 23
776

産科疾患別入院患者数

産科統計
疾患
総分娩数 556
経膣分娩 349
帝王切開 207(37.2%)
多胎妊娠 23
未受診 11
早産症例 105(18.9%)
NICU入院 158(28.4%)
母体搬送受け入れ 176
母体搬送依頼 3
婦人科悪性腫瘍統計
疾患
子宮頚癌 22
子宮体癌 25
子宮内膜異型増殖症 3
卵巣癌 11
転移性卵巣癌 1
卵巣境界悪性腫瘍 10
腹膜癌 1
胞状奇胎 5
外陰癌 1
子宮癌肉腫 1
子宮平滑筋腫瘍 2
82
産婦人科手術統計
疾患
子宮頸癌(広汎子宮全摘術) 8
子宮体癌根治術(開腹) 17
子宮体癌根治術(腹腔鏡) 6
卵巣癌根治術 25
試験開腹 4
子宮全摘術(開腹) 39(41%)
子宮全摘術(腹腔鏡) 47(49%)
子宮全摘術(腟式) 1(1%)
子宮全摘術(腹腔鏡補助下腟式) 9(9%)
子宮筋腫核出術(開腹) 17(77%)
子宮筋腫核出術(腹腔鏡) 5(23%)
卵巣腫瘍(開腹) 31(27%)
卵巣腫瘍(腹腔鏡) 85(73%)
異所性妊娠(開腹) 1(8%)
異所性妊娠(腹腔鏡) 11(92%)
帝王切開術 207
子宮鏡下手術(筋腫) 14
子宮鏡下手術(ポリープ) 27
子宮鏡下手術(内膜焼灼) 0
子宮鏡検査 27
LASER蒸散術 11
子宮頸部円錐切除術 45
子宮内容除去術 78
子宮頸管縫縮術 8
その他 37
760
(月平均63.3)