臨床腫瘍科

部長 甲斐 正徳

外科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されております。各臓器の専門家により抗がん剤治療や手術をはじめとしたがんの治療を行ってきました。現在も各種進行がんに対して最新のエビデンスに基づいたがん薬物療法を行っています。
 また、現在のがん治療の流れとして、多科医師、多職種との合同カンファレンスによる合意の下に治療方針を決定するcancer boardの設置を推奨し、がんの診療を専門的に行う施設において、さまざまな形で整備されつつあります。当院でも以前からがんの治療において臓器ごとのカンファレンスが開かれており複数科での合意に基づく治療を行っておりましたが、これらを更に発展させ充実したcancer boardを作るために、臨床腫瘍科は開設されました。
 拠って、現在も臨床腫瘍科としては従来と変わりなく外科で担当していた消化器癌、乳癌などの薬物療法を担当しています(実際は外科スタッフが行っています)。
 また、将来は腫瘍内科スタッフを充実させて他臓器癌にも対応する予定です。

特に重点を置いている分野(外科ですので主体はもちろん手術治療ですが)

進行消化器癌(胃癌・大腸癌・食道癌)の薬物療法

 胃癌や大腸癌は多剤併用療法(抗癌剤、分子標的薬を組み合わせて治療する方法)により治療成績が目覚しく進歩しています。外来化学療法室を用いた通院化学療法により、出来るだけ今までどおりの生活を続けてもらいながら治療を受けてもらっています。その他のがんについても最新の治療を提供しています。

膵癌、胆道癌、肝癌、肺癌、乳癌、リンパ腫、腎癌、婦人科癌などの薬物療法

 臓器別診療科のスタッフが担当となって、多剤を併用した抗癌剤治療の進歩のほかに、病態に応じて最新の分子標的薬を用いた治療を行っています。

がん集学治療センター(病棟、外来化学療法室)

 当院のがん集学治療センターは、化学療法を行う全ての臨床科が共同利用する形をとった化学療法センターとして機能しています。以前は各科外来、各病棟で行われていた化学療法を、全てこのがん集学治療センターで引き受け、集約的に施行する体制としています。

外来化学療法室

 近年、従来は入院治療を必要としていたがん化学療法の多くが、通院で行えるようになりました。支持療法の発達によって、抗がん剤の副作用予防・治療ができるようになったこと、抗がん剤治療がガイドラインなどに基づいて標準化されていること、医師・看護師・薬剤師など複数の医療スタッフが力を合わせて、チームとして患者さんの治療を支援できることなどで、外来で治療を行うことで、仕事やご家庭生活を今までどおり送りながら安心して治療を継続できます。

臨床腫瘍科News&Topics

 最近、癌の薬物療法の領域では、新たな分子標的治療薬や抗がん剤などが登場し、ASCOなどの国際学会でのエビデンスも発表され、日本でのがん治療ガイドラインもリニューアルされています。癌腫によって治療薬剤も違う訳で、治療の選択肢も増えていますが、治療に迷う状況にもなってきています。
 そのため当院では、臓器別cancer boardを開催し、がん治療レベルの向上と均点化を図っています。
 現在、臨床腫瘍科としての外来はありませんが、がんの化学療法を外来および入院にて行っています。私の専門は胃、大腸などの消化器領域ですが、癌治療に難渋している症例などありましたら、いつでもご相談ください(現状では外科の甲斐の外来にお願いします)。当院にて専門医にコンサルトして対処いたします。

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら