TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

副院長・部長 井村 洋

TEL 0948-22-3800(内線 2218)

リハビリテーション科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

診療概要

 当院の急性期入院中の治療の一助としてリハビリテーションを行います。入院治療にて低活動、低体力を防ぐ、疾患、病態にて引き起こされた機能障害(運動、心肺機能低下など)に対してリハ治療を行います。より早期に回復(退院)出来るように365日リハ、総勢120人のリハスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、助手等)が行っています。また、筑豊地区で精力的に小児部門(療育)のリハビリを行う病院として機能しており、近隣の療育センターや関連機関(保健所、福祉、学校等)と連携を取りながら、外来での機能訓練等を積極的に行っています。

○施設基準 脳血管・運動器・心大血管・呼吸器リハビリテーション料;I(運動器:Ⅱもあり)
○専門療法士 呼吸器リハビリテーション認定療法士;24人
  がんのリハビリテーション:リハビリテーション専門療法士;10人
地域糖尿病療養指導士:4人
入院部門

 入院患者さん全てがリハビリテーション対象であり、全科の急性期時期に必要なリハビリテーション医療を提供します。

<リハビリ施行の主な対象疾患>

脳神経系(脳出血・脳梗塞・神経疾患後・脊髄損傷後など) 骨折・外傷後術後・熱傷・植皮術後
循環器(狭心症・心筋梗塞・心臓手術後など) 胸部・腹部臓器疾患及びその手術後
急性期疾患治療後の体力・筋力低下による廃用症候群 嚥下障害、その他

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のマンパワーを生かし、超急性期から全疾患・あらゆる病状に対応したリハビリ療法を提供しています。

外来部門

外来リハビリ療法:外来にて療法士による訓練を行います。

「小児リハビリテーション」:小児発達外来を中心として筑豊地区全域からの紹介を受けています。窓口は当院小児科です。

「四肢痙縮に対するボツリヌス療法」:脳卒中後遺症である手足の筋肉のつっぱり(痙縮)に対しボツリヌス療法とリハビリテーションの併用による治療です。

「高次脳機能障害・言語障害(構音障害、失語症)リハビリテーション」:リハビリテーション科専門外来として、失語症や記憶障害、高次認知機能障害などの患者さんの相談や診断・評価及び訓練などを行います。リハビリテーションセンター受付にお問い合わせください。

リハビリテーション科News&Topics

 2017年4月より、リハビリテーション科外来では四肢痙縮に対するボツリヌス療法を再開する運びとなりました。

【外来診療】
・リハ一般診察及び特殊分野(嚥下障害/リンパ浮腫外来/装具外来、高次脳機能障害診療など)
・四肢痙縮に対するボツリヌス療法
【検査】
嚥下特殊検査(嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査)/高次脳機能検査(知的一般、言語機能、視知覚検査、認知機能、その他)/義肢装具全般の適応・適合判定/等

このページの一番上へ

2016年診療実績

1)外来患者疾患内訳

2)外来延べ診察患者数(合計 340人)3)年別嚥下造影検査件数