TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > PET・核医学センター

PET・核医学センター

PET・核医学センター長 吉開 友則

診療科の特徴

 PET・核医学センターは筑豊地区の地域がん診療連携拠点病院としてのPET/CTの導入を主な目的に開設され、2013年2月からPET/CTを稼働させています。PET/CTは、がんの診断に大変有用な先端機器であり、腫瘍の良悪性鑑別、がんの病期診断、治療効果の判定、転移・再発の診断、原発不明がんの原発巣検索などさまざまながん診療の場で盛んに利用されています。保険は早期胃がんを除くあらゆる悪性腫瘍に適応される他、虚血性心疾患、心サルコイドーシス、てんかんも保険適応となっています。また、検診においてもがんの早期発見に威力を発揮します。がん検診については予防医学センターで「がんPET検診」が行われています。是非多くの方に利用していただきたいと思っています。
 当センターはPET/CTの他にSPECT装置を2台備え、心筋、脳血流、骨、ガリウムなどの従来の核医学検査も並行して行っています。
 PET・核医学センターではPET/CTを含むさまざまな核医学検査が可能な体制となっており、筑豊地区及びその周辺の医療機関からも多くの患者さんのご紹介をいただいています。筑豊地区の核医学の総合センターとしてこれからも更に地域医療に貢献してきたいと考えています。

PET・核医学センターNews&Topics

  1. 2013年2月北棟の1階にPET・核医学センターが開設され、4年が過ぎました。
  2. がん診断の先端機器であるPET/CTが導入され、筑豊地区唯一のPET施設として活動しています。
  3. PETの検査件数は2016年度の1年間で985件となり、開設からの総検査件数は2017年4月に4,500件を越えました。内訳は94%が保険診療、6%が検診目的でした。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

PET/CT関連書類

詳細はコチラ

このページの一番上へ