TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > 救命救急センター

救命救急センター

救命救急センター長 名取良弘
救急部長 山田哲久

TEL 0948-22-3800(代表)

診療科の特徴

1.診療対象

 当センターは、筑豊地域唯一の救命救急センターとして1982年に開設され、36年が経過しました。センターの役割は、緊急手術、集中治療を必要とする重症患者の診療で、24時間救急車搬送患者の対応を行っており、2017年の救急車受入件数は7,241件でした。

2.医師勤務体制

 院内に待機する各診療科医師約35名、院外約15名により救急診療体制が敷かれています。救急車搬送例に対しては救急部医師が初療を担当し、ウォークイン外来においては外科および内科担当医が、また小児科診療においては、小児科担当医および地域の小児科開業医の有志の先生方による、地域連携ささえあい小児診療が展開されています。

3.看護スタッフ勤務体制とトリアージ

 救急外来の看護師は専任約30名で業務に当たっております。救急車以外で来院される1日80名程度の患者さんの中にも重症な患者さんが混在しているため、トレーニングを受けた看護師がトリアージを行い、診察・治療の優先順位を決めています。

4.ER-Aide(イーアール エイド)

 救命救急センターを円滑に運営する目的で、ER-Aideという職員を配置しております。
 臨床工学技士や救命救急士、臨床検査技師などの医療系国家資格を有するスタッフは、医師・看護師業務を直接補助する役割を担っています。また事務を担当するスタッフも、多くのサポート業務を行っております。

5.入院病棟

 救命救急センターには、重症患者治療のための救命救急病床と集中治療室(合計61床)の病床を有しています。救命救急センターからの重症度の高い患者さんが、これらの病棟で急性期の治療を受けることとなります。

6.高気圧酸素療法室

 当施設の高気圧酸素治療室は、世界で最も信頼性の高いとされる米国ゼクリスト社の最新の装置2台で運用しています。個人用タイプの装置でプライベートを保持し、一人ひとりに応じた安全で安心な治療を提供しています。

高気圧酸素療法室

《 高気圧酸素療法室 》