TOP > 病院・診療科のご案内 > 各科のご紹介 > 膠原病・リウマチ内科

膠原病・リウマチ内科

部長 永野 修司

TEL0948-22-3800(内線:5217)

膠原病リウマチ内科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 膠原病とは、結合組織にフィブリノイド変性を認める疾患群を総称した病理組織学的概念で、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、結節性多発動脈炎、シェーグレン症候群、ベーチェット病、混合性結合組織病(MCTD)などの疾患が含まれます。自己免疫が共通する病態ですが、病因や病態は完全に解明されておらず、多くは難治性で、多臓器にわたる多彩な症状を呈します。従って、膠原病診療においては、高度に専門的な医療が提供できるよう、内科における各専門科だけでなく、整形外科、皮膚科、眼科、精神神経科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科など、各科との緊密な連携を図る必要があります。膠原病の中には、必ずしも典型的な症状を呈さず、原因不明の発熱や、筋・骨格系の異常を示す症例もありますので、疑わしい場合はご遠慮なくご相談ください。
 膠原病の中で、圧倒的に患者数が多いのが、関節リウマチ(RA)です。飯塚市を中心とした医療圏内には、約3,000人のRA患者さんがいて、毎年70~100人程度の新規患者さんの発生が推測されます。リウマチ患者さんの予後は関節破壊をいかに防ぐかにかかっており、関節破壊が発症早期から急速に進むことを踏まえ、可能な限り早期に専門的治療を開始することが重要です。当該医療圏において、RAによる機能障害の発生を防ぐ上で、当科が貢献できるところは大きいと考えています。リウマチ診療の場面を劇的に転換した生物学的製剤の登場から10年以上が経過し、これらの治療経験とそれに基づく多くの知見の集積により、高率に活動性をコントロール出来るようになってきました。発症早期であればより高い治療効果が見込まれますが、治療成績が報告されている投与症例の平均罹病期間は10年であり、確立したRA患者でも十分な治療効果が見込めます。このような薬剤が8製剤あり、生物学的製剤に匹敵する効果のある経口薬まで含めると9剤の選択肢があります。厳密な使い分けの基準は定まっておりませんが、各薬剤の症例経験を積むことで、症例に応じた細かな治療戦略を提示することが可能になりつつあります。当科ではRAに限らず、他の膠原病に関しても、こうした最先端の治療を積極的に導入し、地域における中核専門施設として機能すべく努力していきたいと考えています。

膠原病・リウマチ内科News&Topics

 関節リウマチの治療では、画期的新薬の登場から10年を経て、その先端的な治療の選択肢は年々拡大し、新たな作用機序の薬剤の臨床試験も旺盛に進められておりますので、既存治療無効例や治療に制約を及ぼす並存疾患を有する事例などのUnmet medical needsを充足していくことを現実的な目標として掲げることが可能になりつつあります。2017年度も新規の2製剤の販売開始が予定されております。患者層の高齢化は進む一方であり、多彩な合併症の精緻なケアが原疾患の治療にも重大な影響を及ぼす現状を鑑みるに、内科領域はもとより他の診療科との連携、地域の医療機関との連携を更に深める必要性を強く痛感しているところです。2016年度と診療体制の変更はありません。地域の基幹病院としてのニーズに応えるべく診療水準の維持向上に邁進したいと考えております。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール(予約制)

詳細はコチラ

※初診に関しては、待ち時間短縮のため原則ご予約頂きたく、ご協力をお願い致します。

このページの一番上へ

2016年診療実績

1)入院患者疾患別内訳
病   名 総数 急患 年齢
(中央値)
在科日数
(中央値)
関節リウマチ 211 21 75 136 77 3
全身性エリテマトーデス 7 2 0 7 32 22
多発性筋炎/皮膚筋炎 8 3 1 7 68.5 23.5
リウマチ性多発筋痛症 10 5 8 2 81 18.5
結節性多発動脈炎および関連病態 12 0 0 12 62.5 4
成人Still病 15 1 13 2 55 3
ベーチェット病 7 3 5 2 52 4
シェーグレン症候群 7 5 0 7 74 13
ウェゲナー肉芽腫症 1 0 0 1 77 52
混合性結合組織病 6 1 0 6 69 12
RS3PE症候群 1 0 1 0 72 10
オーバーラップ症候群 1 1 0 1 74 4
その他 59 18 14 45 68 12
345 60 117 228 74 3