血液内科

部長 油布 祐二

TEL 0948-22-3800(内線:5216)

  •  
  • facebook
  • ブログ

診療科の特徴

 飯塚病院血液内科は、日本血液学会認定研修施設であり、筑豊地域で唯一の血液疾患専門内科です。対象疾患は血液疾患全般ですが、特に白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍の治療に力を入れています。
 当科の特色としては人口約42万人の診療圏を有し、幅広く偏りの少ない疾患分布と患者層を有すること、検査部門が整っているため迅速かつ必要十分な検査が随時可能なこと、救命救急センターを有する総合病院内にあるため、病状の変化が著しい血液疾患の外来治療に適した診療体制を有することがあげられます。

主な治療内容について

 ハイケア棟3階には7床(2015年5月より1床増床)からなる無菌病棟があり、急性白血病や骨髄異形成症候群などへの強力化学療法、さらに悪性リンパ腫・多発性骨髄腫に対する自己末梢血幹細胞移植の安全な施行に威力を発揮しています。同種造血幹細胞移植が必要と判断された患者さんは、速やかに九州大学病院や九州がんセンターに紹介しています。2012年からこれらの病院と移植に関するWebカンファレンスを定期的に開催し、情報共有に努めています。また悪性リンパ腫や多発性骨髄腫の化学療法は、最初の1~2コースを入院で行い安全を確認した後、外来化学療法室にて通院治療を継続します。
 血液学分野で最近治療法が飛躍的に進歩している疾患に、多発性骨髄腫があります。長らくメルファラン+プレドニンが治療の主体でしたが、ここ数年でプロテアソーム阻害剤、免疫調節剤、抗体薬、HDAC阻害剤などが次々と上市され、やや古いサリドマイド・ゾレドロン酸を加えると十指に余る薬剤が利用可能な状況となっています。しかもさまざまな薬剤の組み合わせによる臨床試験の結果が、毎月のように著名な雑誌に報告され、今何がベストな治療法なのかが流動的であると言えます。そのような中、2018年度は上記の同門のグループで多発性骨髄腫に関するいくつかの研究会を開催し、臨床経験の共有・最新情報の収集を通じて患者さんへのより良い治療へと繋げて参ります。

血液内科News&Topics

 2018年3月でスタッフの牟田が九州大学病院へ異動となり、4月より八木、大山が着任しました。当科で初めての5人体制(油布、松島、喜安、八木、大山)となります。
 これに伴い、若干の診療体制の変更を行いました。部長(油布)の新患日を週2回から3回に増やして外来診療に専念するとともに、指導医2人がそれぞれ2~3人のチームを作り、入院患者さんをより重層的に把握し治療方針を統一することにより、入院診療機能を強化しました。これは、患者情報をリアルタイムに共有することで引き継ぎがスムースに行われ、医師の院外活動(学会・研究会出席、休暇取得など)をより行いやすくするという狙いもあります。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はコチラ

※お急ぎの場合は時間外でも随時受け付けますので、ご遠慮なくお電話下さい。

このページの一番上へ

2017年診療実績

総退院患者数:501件
外来新患数 :555件
診 断 名 新患入院数 退院患者数 平均在院日数 平均年齢
急性骨髄性白血病 18 77 43.0 67.6 23 54
急性リンパ性白血病 3 11 27.1 55.9 6 5
骨髄異形成症候群(経過中に化学療法あり) 2 12 17.1 77.3 0 12
骨髄異形成症候群(経過中に化学療法なし) 15 37 23.5 77.6 11 26
慢性骨髄性白血病 3 6 30.3 67.7 3 3
その他の骨髄増殖性疾患 1 2 71.5 76.5 1 1
非ホジキンリンパ腫 55 212 24.7 70.4 97 115
ホジキンリンパ腫 0 1 17.0 55.0 0 1
多発性骨髄腫 14 60 37.1 69.7 31 29
成人T細胞性白血病・リンパ腫 5 20 40.5 73.5 7 13
その他のリンパ増殖性疾患(CLLなど) 1 5 20.0 70.4 4 1
再生不良性貧血 5 12 31.8 78.0 5 7
溶血性貧血 3 5 20.6 81.8 3 2
特発性血小板減少性紫斑病 11 18 31.9 74.8 8 10
その他 14 23 10.2 61.5 7 16
合   計 150 501 29.3 70.4 206 295
骨髄穿刺件数(2017年):371件