形成外科

部長 植木 翔也

TEL 0948-29-8201(外来直通)

診療科の特徴

 飯塚病院形成外科は平成18年4月1日に開設し12年目を迎えました。平成20年からは日本形成外科学会認定施設に認定されています。
 形成外科の対象疾患は以下の通りです。

  • 新鮮外傷、熱傷
  • 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷
    眼窩骨折、頬骨骨折、鼻骨骨折、上・下顎骨折、涙道損傷など
  • 唇裂・口蓋裂
  • 手、足の先天異常、外傷
    合指症、多指症、裂手症、手指外傷など
  • その他の先天異常
    小耳症、陥没乳頭など
  • 母斑、血管腫、良性腫瘍
  • 悪性腫瘍およびそれに関連する再建
    頭頸部再建、乳房再建など
  • 瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド
  • 褥瘡、難治性潰瘍
  • その他
    リンパ浮腫、後天性眼瞼下垂、陥入爪など

 形成外科は特定の臓器を持たない外科です。もちろん形成外科単独で行う手術もたくさんありますが、飯塚病院のような総合病院における形成外科の存在意義としては、他科の先生方と連携しチーム医療を行うことでより良い医療を提供することにあるのではないかと考えております。皆さんと一緒により多くの治療ができればと思います。よろしくお願いいたします。

形成外科News&Topics

 飯塚病院形成外科では2017年4月より前任の森久陽一郎から植木翔也へ部長が交代しました。現在常勤の前園智美と非常勤として月1回久留米大学形成外科・顎顔面外科主任教授清川兼輔先生の合計3名体制で診療を行っております。これからも筑豊地区のみなさまに安心していただける安全な医療を提供できるよう頑張ってまいります。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はこちら

このページの一番上へ

2016年診療実績

手術件数内訳
区     分 入   院 外   来
全身麻酔 全麻以外 全身麻酔 局所麻酔
熱傷・凍傷・化学損傷他 1 3 0 0 4
顔面軟部組織損傷 4 3 0 93 100
顔面骨骨折 32 0 0 2 34
頭部、頚部、体幹の外傷 4 6 0 32 42
上肢・下肢の外傷 11 1 0 73 85
頭蓋・顎・顔面先天異常 18 0 0 7 25
頚部・四肢・体幹先天異常 6 0 0 0 6
良性腫瘍・悪性腫瘍 36 5 0 99 140
腫瘍切除後の組織欠損(一次再建) 2 1 0 1 4
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 3 0 0 7 10
褥瘡 2 12 0 10 24
その他潰瘍 10 22 0 10 42
炎症・変性疾患 11 28 0 35 74
レーザー治療(良性腫瘍) 0 0 0 21 21
その他 0 1 0 0 1
合計 140 82 0 390 612